docomoのスマホを持っている方向け格安スマホ・SIM

docomoのスマホを持っている人は、そのまま格安SIMを挿入して利用する事ができます。
docomo端末の場合は基本的に、以下の3つの方法で格安SIMを利用する事ができます。

●キャリアロックがかかっている状態で、docomo回線の格安SIMを利用する
●キャリアロックを解除してY!mobileのSIMを利用する
●キャリアロックを解除してau回線の格安SIMを利用する(スマホがCDMA2000に対応している事が条件)

docomo回線の格安SIM(MVNO)の利用がオススメ

docomoのスマートフォンを持っているのであれば、キャリアロックを気にせずに利用できるdocomo回線の格安SIM(MVNO)がオススメです。

現在格安SIMはY!mobileとはau回線のUQmobileとmineoの3社を除いて、全てがdocomo回線を利用しています。docomoのスマートフォンを手軽に利用できる条件だけでは、絞り込みをする事ができません。あとはそれぞれの求める要素に応じて、最適なSIM会社やプランを選んでいく事が必要です。

スマホ選びのポイントや、オススメできるSIM会社(MVNO)は当サイトでも様々な視点から紹介しています。
(参考記事:「格安スマホはどう選べばいいの?」「どこがオススメ?」)

シェアを見て人気が高い所を選ぶ

docomo回線を利用している格安SIM(MVNO)はたくさんあります。それぞれ一長一短があり、一概に1番オススメできる所を断言する事はできません。数あるSIM会社の中から、実際に利用する1社を選ぶための材料として、MVNOとしてのシェアや利用者数が多い所を選ぶ事もオススメです

人気が高いMVNOはそれだけ利用者から高い満足度を得ているからでしょう。人気が薄い格安SIMを利用するよりは、人気が高い所を選ぶ事でSIM選びに失敗するリスクを緩和できます。

MVNOのシェア

MMD研究所が発表した、2020年3月格安SIMサービスの利用動向調査(調査期間は2月)によると、MVNOのシェアは以下のようになっています。

1位 楽天モバイル(※1) 26.4%
2位 UQ mobile(※2)   11.8%
3位 mineo(※2)     11.0%
4位 OCNモバイルONE   7.6%
5位 IIJmio       6.2%
6位 BIGLOBEモバイル   6.1%
6位 LINEモバイル    6.1%
8位 イオンモバイル   4.5%
その他         20.3%

※1 楽天モバイルは2020年4月より自社回線+au回線の楽天モバイルUN-LIMITへ変更
※2 au回線をメインで使用

上位3社は現在はau回線がメインで扱っているので、ドコモ回線で見た場合のシェアは

1位 OCNモバイルONE
2位 IIJmio
3位 BIGLOBEモバイル

以上の順位になっていると言えます。
通信速度の安定性を求める方にはOCNモバイルONEかIIJmioがおすすめです。
BIGLOBEモバイルはYouTubeなどが月額480円で見放題になるエンタメフリーオプションに魅力を感じる方から選ばれています。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ