はじめて初心者の格安スマホ・sim

スマートフォンは大手キャリアで利用するとガラケーに比べて通信量が高く、乗り換えをしないユーザーも多かったです。しかし格安スマホの登場でガラケーから乗り換える人が多く、スマートフォン自体が初めて利用するという人も増えています。

若い人であれば、スマートフォンの操作にすぐに慣れる事ができますが、中年以上の世代の人などは、料金が安くなってもスマートフォンの操作に不安を抱きます。そんな初心者の人にオススメできる格安スマホとSIMを紹介します

初期設定サポート対応の店舗購入がオススメ

格安スマホはAPN設定やOSの初期設定が必要です。初期設定に不安がある方は、店舗にて初期設定のサポートを行っている店舗を利用するとよいでしょう。
店舗によっては端末とのセット購入などを条件に、無償で初期設定のサポートを行っているケースがあります。

店頭サポートを求めている方は、大手キャリア直系のY!mobileとUQ mobileの2社がおすすめです。
店舗数が多く、店頭でのサポート領域が広いと評判です。

サポートオプションが付いている格安スマホ

スマートフォンは大手キャリアのように、アフターフォローを行ってくれる店舗がほとんどありません。使用方法や設定、プランの見直しで困った事があった時に、電話で手厚くサポートしてくれる格安スマホがオススメです。

サポートオプションが付いているオススメの格安スマホ会社を紹介します。

●OCNモバイルONE
月額604円のあんしんモバイルパックを利用すれば、電話/リモート(遠隔)操作でのサポートが付いてきます。他にもセキュリティ対策、データバックアップがセットになったお得なパッケージになっています。

●イオンモバイル
月額300円の電話サポートを利用すれば、初期設定や基本的な使い方。LINEや乗り換え案内などのアプリの設定方法までサポートしてもらえます。

●UQ mobile
月額350円のUQあんしんサポートで電話・リモートのサポートが付いてきます。

●BIGLOBEお助けサポート
月額475円のBIGLOBEお助けサポートにて電話サポートを行っています。
オプション料金は若干高めですが、LINEなどアプリの使い方もサポート対象です。
このほか1回9,000円~になりますが、訪問サポートサービスの用意もあります。

データ容量は高速通信3Gプランが無難

格安スマホはデータ通信の容量によって料金プランが変わってきます。初めてスマートフォンを利用する人は、ギガバイト(GB)って言われても、どれだけ使うか分からないハズです。

1GBでできるデータ通信の目安は別ページで紹介しています。
(参考記事:データ通信容量を超えたらどうなるの?)

ネットサーフィンやメール、動画閲覧などのデータ容量の消費量が分かっても、初めてスマートフォンを買う人は実際にどれだけ利用するか把握できません。そこでオススメできるプランが高速通信3GBです

実はスマートフォンユーザーの約7割の人が月3GB以下のデータ通信で収まっているという統計データがあります。格安スマホ各社も、3GBプランに力を入れている所が多く、割安感が高い料金設定になっているので、どのプランにするか迷っている人は、まずは3GBプランからはじめてみる事がオススメです。

スマートフォン選び

格安スマホはスマートフォンの端末代金の負担が大きいです。安い端末はそれなりの性能ですし、ハイエンドモデルはスマホ初心者の人であれば、オーバースペックになってしまいます。

スマートフォンのスペックは色々あり難しいですが、迷った場合はLTE通信対応でRAM2GB以上のスマートフォンを利用する事がオススメです。

端末代金の目安は2万円〜3万円程のミドルスペックと呼ばれるクラスの端末になります。数年単位で使うスマートフォンだからこそ、1万円台で買える格安端末よりも、ワンランク上の端末がオススメです。
(参考:「おすすめの格安スマホ」「格安スマホ端末一覧」)

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ