iphone, ipadを使いたい方向け格安スマホ・SIM

iPhoneやiPadを使い方向けにオススメできる格安SIMを紹介します。

iPadは基本的にWi-Fi+Cellularモデルであれば手軽に格安SIMで利用する事ができます。

iPhoneの場合はキャリアロックや通信形式、iOSの最新バージョンの対応の問題が発生してきます。まずは、お手持ちのiPhoneで利用できる格安SIMはどこがあるのか確認しておきましょう。
(参考記事:iPhoneに格安SIMカードを入れたら「格安iPhone」になるの?)

基本的にiPhone6S以降のモデルはキャリアのSIMロック解除に対応しています。
最新モデルは希望するMVNOにAPN設定のプロファイルの用意があるか確認しておきましょう。

APN設定のプロファイルの用意がある格安SIMがオススメ

iPhoneに格安SIMを挿入しただけでは使用できません。その理由はそれぞれのMVNOごとにiPhoneで利用できるようにする為のプログラムを設定しなければいけないからです。そのMVNOを利用する為のプログラムがプロファイルです。プロファイルを設定する方法がAPN設定です。

iPhoneを使用する為のプロファイルはMVNOによっては、公式ホームページから気軽にダウンロードする事ができます。

iOS専用プロファイルをWi-Fi環境を利用してインストールすれば、あとは設定画面からモバイルデータ通信を一度OFFにしてから、再度ONにすればMVNOの電波を受信できるようになります。

専用のプロファイルがなくても、難しい設定をする事で利用可能ですが初心者にはハードルが高いです。iPhoneやiPadを格安SIMで使いたいなら、専用プロファイルを手軽にダウンロードできる格安SIMを選びましょう。

iOS向けプロファイルの用意があるMVNO
初期設定の不安がある人はmineoがオススメ

mineoのサポート店では1,000円で初期設定サポートを行っています。
初期設定は所有しているiPhoneのAPN設定も行っているので安心です。
mineo以外にも販売店でiPhoneのAPN設定サポートを行っているケースがあるので、不安がある方は近隣の格安SIM取扱店に問い合わせしてみてください。

iPhone6以前の場合

iPhone6以前のモデルは、それまで使っていたキャリアと同じ電波を使っているMVNOであれば利用できる可能性があります。
購入したキャリアに強いMVNOに相談するとよいでしょう。
docomoはOCNモバイルONE・IIJmio、auはUQ mobile・mino、ソフトバンクはb-mobileが強いです。
SIMフリー端末の場合は、APNプロファイルの用意さえあれば、電波の種類に関係なく使用できます。

iPadはCellularを確認

iPadはWi-Fi専用モデルとWi-Fi+Cellularモデルの2種類があります。
最新機種でもWi-Fiモデルは格安SIMを利用できないので注意しましょう。

CellularはSIMカードを差し込んで、大手キャリア(MNO)の電波を利用できるモデルのことです。
現在お使いのiPadをキャリアの電波で使っているのであれば、基本的に格安SIMでも利用できます。

ただし、2014年4月以前に発売されたモデルは、SIMロック解除できない場合があります。
iPhone6S以前と同様に、それまで使っていた同じ電波を使用する格安SIMなら対応できる可能性があるので、適用可否を確認してみてください。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ