Lineとネットくらいできればいい方向けの格安スマホ・SIM

スマートフォンを利用している方でも、ゲームや動画の閲覧はほとんどせず、LINEとネットが適度に利用できれば良いという方向けのSIMとスマホ選びのポイントを紹介します。

オススメは高速通信付き3GB以下のプラン

LINEを利用する場合は、音声通話を使うかどうかで求める通信速度が変わってきます。
LINEの無料通話機能を快適に利用するには高速通信を利用できる環境がオススメです

ネットを利用する場合も、ちょっとした天気予報やYAHOOのトップページ閲覧でも高速通信を利用できると快適です。LINEやネットを利用したい場合に必要なデータ容量は1GB〜2GBあれば、ほとんどの人が対応できます

ちなみにデータ容量1GBあたりでLINEとネットで利用できる容量の目安は次のようになります。

  • YAHOO!トップページ 約5,000回閲覧
  • LINEによる音声通話 約340分(5時間40分)
  • 300文字のメッセージ 約20万通

LINEとネットのみの利用であれば、データ容量の消費量は少ない量で収まります。しかし最近の格安SIM各社は3GBプランに力を入れている所が多くお得感が高いです

差額は100円〜200程度なので、容量に余裕がある3GBプランを利用して、いざとなれば動画や地図アプリなど、データ容量が大きいサービスも利用できる環境を作っておく事がオススメです。

LINEモバイルはLINEの高速通信が使い放題

スマホの高速通信はLINEがメイン。もしくは通信制限がかかってもLINEの通話機能だけはストレスなく利用したい方はLINEモバイルがおすすめです。
LINEモバイルならLINEの高速通信がノーカウントで使い放題になるので、少ない通信容量でも不自由しません。
仮に通信制限がかかった後もLINEは高速通信を継続利用できます。

オススメのスマートフォン

LINEもネットも使い方によって変わりますが、基本的にはそこまで重たい処理動作ではありません。
ゲームや動画、その他アプリなどの軽快な動作を求めないのであれば、端末のスペックは最低限のもので充分です。LTE通信が対応できる端末にしておくと、音声通話が快適で長く使っていく中でも実用性が高いです。

オススメ端末の紹介

●arrows M05
富士通が販売する安心の国内メーカーです。シンプルな操作と読みやすい文字表示の評判が良く、ガラケーからスマホへ乗り換える方から選ばれています。

●ASUS ZenFone Live(L1)
最低限のLINEやネットを使う方に選ばれるエントリーモデルです。多くの格安SIMが端末セットプランで扱っていて、一括購入の場合でも10,000~15,000円ほどで購入できます。

●iPhone7
多くの格安SIMが扱っている割安なモデルです。
慣れるまでは操作に戸惑うこともあると思いますが、操作性が良くてサクサク動くと評判です。
初めてのスマホもしくはiPhoneを買う方で、慣れたら最新モデルへ買い換えを検討している方は、まずはお得に買えるiPhoneを使って見てください。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ