好みの端末から選ぶ

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

スマートフォンの端末は人それぞれ好みがあります。失敗しないスマホ選びの為には用途や重要視する部分を考慮して端末を選んでいく事が大切です。

液晶の大きさ

スマートフォンのスペックで最も好みが分かれるのが液晶の大きさです。近年は液晶の大型化が進み、5インチ以上の液晶画面の端末のラインナップが増えてきました。スマホの液晶は大きければ良いというものではなく、5インチ以上になると、片手での操作が難しくなり、ポケットにしまうとかさばってしまうデメリットもあります。

動画の閲覧が多い人や、移動中よりも自宅などでゆっくりくつろぎながらスマホを操作する機会が多い人は大型液晶のスマートフォンがおすすめです。満員電車に乗っている時など、片手操作をしたい人や、普段スマートフォンをポケットに入れて使っている人はサイズは5インチ以下の物に抑える事がオススメです。

5インチ以上の大画面搭載しているオススメの格安スマホ

●GALAXYノートシリーズ
大画面スマートフォンで高い支持を得ている定番端末。SIMフリー版の扱いもあり、型落ちモデルの白ロムも多数流通しています。

●Ascend Mate7 / Nexus6
格安スマホで利用できて、かつ6インチの大型液晶を搭載しています。

●Xperia Z Ultraシリーズ
6.4インチの大型液晶で7インチサイズのタブレットと画面の大きさは変わりません。とにかく大型液晶を使いたい人や、タブレットと兼用の1台にしたい人にオススメです。

●Lenovo Golden Warrior
6インチ以上の大画面はハイエンドモデルが多く、端末代が高い傾向があります。Golden Warriorは6インチの液晶を搭載しながら2万5千円前後で買えるミドルスペックのスマートフォンです。

5インチ以下のオススメのコンパクト格安スマホ

●iPhone6
4.7インチの液晶サイズがありながら、片手での操作性が高く大人気の1台です。格安SIMで利用する片手操作趣向の人は型落ちモデルになるiPhone5シリーズも未だ人気健在です。

●Xperia Z3 Compact
イオンモバイルをはじめ、SIMとセット販売するMVNOも増えている注目機種です。
格安スマホ向け端末は、ミドルスペック以上は5インチ以上の大型液晶がとても多いですが、Xperia Z3 Compact はスペックも高く片手操作しやすいサイズで人気が高いです。

カメラで選ぶ

スマートフォンには必ずカメラが内蔵されています。最近ではデジカメを持ち歩かずスマホのカメラ機能をメインカメラとして利用している人も増えています。

人によってはスマホのカメラはほとんど使わなかったり仕事のメモ替わりに使う程度で高画質を求めていない人もいますが、カメラにこだわりがある人はカメラ機能が評判の良いスマートフォンを選びましょう。

従来の携帯電話のカメラやデジカメでは、カメラの性能は画素数だけで判断ができました。画素数は低いよりは高い方が性能が良くデメリットはありません。ズーム機能や拡大印刷した場合は、画素数が高い程鮮明になります。しかし、最近のスマートフォンのカメラは画素数だけではなく、デジタル処理やレンズカバー、光感度センサーの性能で実際の鮮明さや使い勝手が変わってきます

ハイエンドモデルであれば1,300万画素のカメラが主流になってきていますが、画素数だけではなく実際のクチコミ情報や評判をリサーチして選んでいく事がオススメです。

OSで選ぶ

スマートフォンの操作性を決めるのがOSです。現在国内で流通しているスマートフォンの99%がAndroidかiOSだと言われています。格安スマホやSIMに限定すれば、Androidのシェアが非常に高いです。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えて後悔した人の理由では、iPhoneからAndroid端末に変わって使い勝手が悪くなったり、すぐに慣れないなどの声が多いです

iPhoneを格安SIMで使うには、ドコモユーザー以外はハードルが高くなりますが、OSに強いこだわりがあれば、そのまま大手キャリアを使い続けたり、初期費用を払ってでも格安SIMで使えるiPhoneを購入する事が必要です。
(参考記事:格安simをiphoneで使う!)

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ