2015年夏おすすめの格安スマホは?

格安スマホは端末選びが難しいです。元々は2流メーカーのみの取り扱いだった格安スマホは最近になって、国産メーカーのトップブランドの参入も目立つようになってきました。

新品・中古(白ロム)のネット販売のラインナップも充実してきて、端末選びの選択肢はここ1年で大幅に増加しています。数ある端末の中から、今オススメできる格安スマホの端末を項目別に紹介いたします。

コアユーザーも納得のハイエンドモデル編

ASUS ZenFone2

・価格相場:45,000円〜55,000円
・取り扱い:DMM.mobile、楽天モバイル、Nifmoなど

メモリがRAMで世界初の4GBモデルを搭載した最新スマホです。カメラや液晶、操作性何を取っても、最高スペックの1台。大手キャリアのXperiaシリーズやGALAXYシリーズに比べても同等以上の評価を得ています。

最新のハイエンドモデルを利用したい人や、重たいゲームなどのアプリをフル活用したい人にオススメです。

Huawei Ascend Mate7

・価格相場:45,000円〜5,8000円
・取り扱い:IIJ、Y!mobile。楽天モバイル、U-mobile、DMMmobileなど

オクタコアCPUに1,300万画素のカメラ、実際の耐久性も高い大容量4,100mAhのバッテリー。大迫力の約6インチの液晶画面など、全てが現役モデルの中でも最高水準のスペックで欠点が無い1台です

ハイスペックを求める人の中でも、動画や写真を見る事が多い人。バッテリーも持ちを重視する人に特にオススメできます。

コスパも優れた、人気のミドルスペック編

ASUS ZenFone5

・価格相場:25,000円〜31,000円
・取り扱い:DMM.mobile、楽天モバイルなど

大混戦になっているミドルスペックの中でも、価格とスペックを比較した時に、群を抜いてコスパが高くオススメできるのがZenFone5です。ハイエンドモデルで紹介しているZenFone2に比べると、スペックこそ劣りますが、注目すべきは価格帯。ネット通販を利用すれば25,000円前後で購入する事が可能です。

4万円弱の価格帯のライバル端末と比べても、クアッドコア1.2GHzのCPUやメモリRAM2GBのスペックは最上位クラスです。800万画素のカメラにHD液晶なども付いてこの価格は驚異的です。今一番オススメできる格安スマホ端末です

どの端末を買っていいか分からない人は、是非検討して欲しい1台です。

安さが売りの格安モデル編

freetel priori2 LTE

・価格相場:17,000円〜20,000円
・取り扱い:freetel,U-mobileなど

最安値水準の格安スマホでは、LTE非対応モデルのpripri2をはじめ1万円前後で購入できる端末も増えてきています。しかし、格安SIMがLTE対応が一般的になってきた時代に逆境するLTE非対応端末の購入はオススメしません。

購入当初は良くても、今後LTE対応端末が主流になっていくことを考えれば、最低でもpriori2 LTEくらいの端末を選んでおく事がオススメです。格安モデルだけあって、スペックは平凡ですが、値段を考えればコスパは高く、欠点になる部分が少ないバランスが良い1台です。

covia FLEAZ F5

・価格相場:15,000円〜20,000円
・取り扱い:なし(主にネット通販)

coviaは信頼できる日本企業の格安スマホメーカーです。FLEAZシリーズは新型のF4s+が登場していて、型落ちとなったF5の価格が下落傾向にあるのがポイントです。性能自体は新型モデルのF4s+よりも高くクアッドコアCPUを搭載しています。

このスペックで2万円台で買えるのであれば、オススメ度が高いです。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ