今までの番号は使えるの?メールアドレス、SMSは?

大手キャリアから、格安スマホに乗り換える場合の、それまで使っていた電話番号、メールアドレス、SMSについて紹介いたします。

全ての格安スマホ(SIM)でナンバーポータビリティが可能

これまで使っていた携帯電話の番号を格安スマホに引き継ぐ事が可能です。格安スマホや大手キャリアを問わず、電話番号をそのまま他社に引き継ぐサービスをMNP(ナンバーポータビリティ)と呼びます。

MNPは、それまで利用していたキャリアで手続きを行い、MNP予約番号を発行してもらいます。MNP予約番号を利用する事で、乗り換えた新しいキャリアや格安スマホでも、それまでと同じ電話番号で契約する事が可能です。

MNPを利用して解約する事をMNP転出と呼びます。MNP転出を利用するには、一般的に3,000円ほどの手数料が発生します。手数料は、解約しMNP転出をする方のキャリアに対して払うもので、大手キャリアも格安スマホも料金はほぼ同じです。

最近では契約後6ヶ月以内はMNP手数料を高く設定しているキャリアもあります。

キャリアのメールアドレスは使えなくなる

大手キャリアの場合は「××××@docomo.ne.jp」などの携帯電話用のメールアドレスが発行されます。このキャリア専用の携帯メールアドレスは、格安スマホに移行したら利用できなくなってしまいます

格安スマホではキャリアメール自体の用意が無い事が多いです。格安スマホに乗り換える場合は、フリーメールを利用する事がオススメで、既にパソコンなどで使用しているメールを利用するか、新規でフリーメールアドレスを取得する事が必要になります。

SMSは音声電話付きプランであれば利用できる

格安スマホでは、一部SMSを利用できないプランがあります。
メールアドレスはフリーメールがお得」のページでも紹介していますが、格安SIMは次の3種類があります。

  • データ通信専用SIM (SMSなし)
  • データ通信専用SIM (SMSあり)
  • 音声通話付きSIM

データ通信専用SIM(SMSなし)を利用した場合のみSMSを利用できませんが、音声通話付きSIMを利用すれば自動的にSMSも付いてきます。

MNPと合わせれば、それまでと同じ電話番号でSMSを利用する事が可能になります。格安スマホのSMSの送信料は3円〜30円(国内)、受信料は無料で大手キャリアと同様の料金設定になっています

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ