格安スマホ・SIMは解約手数料がかかるの?

格安スマホを検討している人は、解約手数料がかかるルールを認識しておく事が必要です。
格安スマホは、解約手数料が発生するケースと、発生しないケースがあります。

各MVNOによって対応は異なりますが、一般的なルールでは次のようになっています。

  • データ専用SIMは解約手数料が発生しない
  • 音声通話付きSIMは解約手数料が発生する

格安スマホは一定期間利用すれば解約手数料が発生しない

大手キャリアの場合は長期間利用していても、契約更新月以外に解約をすると解約手数料が発生するプランが多いです。例えば、2015年5月に新規契約した場合は、2017年4月までは、いつ解約しても解約手数料が発生し、2017年5月に解約した場合のみ、解約手数料が発生しない。その後、2017年6月〜2018年4月までは解約手数料が発生する期間になってしまいます。

しかし格安スマホの場合は、6ヶ月〜12ヶ月の最低利用期間のみ解約手数料が発生し、1年以上経過すればいつ解約しても解約手数料が発生しないケースが多いです。

大手キャリアでは縛り期間2年が多く、2年経過後、更新月以外は解約手数料が発生する事を考えれば、格安スマホは解約手数料があるものの、大手キャリアよりも縛りが緩くメリットは大きいです

主要格安スマホの解約手数料・最低契約期間一覧

会社名 データ専用SIM 音声対応SIM
最低契約期間 解約手数料
DMM.mobile 解約手数料なし 12ヶ月 9,000円
楽天モバイル 解約手数料なし 12ヶ月 9,800円
OCNモバイルONE 解約手数料なし 6ヶ月 8,000円
IIJmio 解約手数料なし 12ヶ月 12ヶ月から利用月数を引いた数×1,000円
UQ mobile 解約手数料なし 12ヶ月 9,500円
Nifmo 解約手数料なし 6ヶ月 8,000円
BIGLOBE LTE+3G 解約手数料なし 6ヶ月 8,000円
U-mobile 解約手数料なし 12ヶ月 6ヶ月まで.9,500円、7ヶ月〜12ヶ月3,500円
Y!mobile プランなし 2年 更新月以外の場合、解約手数料9,500円。
mineo 解約手数料なし 12ヶ月 9,500円
イオンモバイル プランなし なし なし
b-mobile 解約手数料なし 5ヶ月 8,000円
freetel 解約手数料なし なし(12ヶ月) 通常解約時なし(12ヶ月以内のMNP転出の場合、最大15,000円)

解約手数料から選ぶ格安スマホ

●イオンモバイル
音声通話SIMを利用しても、解約手数料が無条件で発生しません。
長く格安スマホを使っていけるか不安がある人にもオススメ。

●freetel
MNP転出以外は、利用期間を問わず解約手数料が発生しません。
サブ端末など、解約時に電話番号を失っても構わない用途に最適です。

●b-mobile
最低契約期間5ヶ月で、他社と比べても、解約手数料が発生する期間が短いです。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ