格安スマホより白ロムの中古が安い?

格安スマホは、大手キャリアと違い、端末に対しての値引きがほとんどありません。
いかに安く端末を用意できるかがポイントになってきます。

格安スマホでは大手キャリアで扱っている、appleのiPhoneやサムスンのGARAXYなどのトップブランドを扱わず、ASUSやfreetel、LGなどの2流メーカーの端末を安く提供しています。

こうした格安スマホの端末セット購入よりも、白ロムの中古を利用した方が、安くハイスペックの端末を利用する事が可能です。

そもそも白ロムって何??

白ロムとは一旦契約された携帯電話を解約、もしくはSIMカードを抜いた商品となります。最近のスマートフォンはSIMカードに、電話番号や契約者の情報。使用履歴が全て記録されています。こうした契約に必要な情報のSIMカードが入っていない状態の端末が白ロムです

以前はSIMカードではなく携帯電話の内蔵チップなどに契約者情報が記録されていたので、端末に記録された情報をリセットして初期化した、保存内容が何もない端末だった事が白ロムの名前の由来です。

SIMカード方式になってからは、SIMカードを抜いて初期化設定をするだけで、誰でも簡単に白ロムを作る事ができます。SIMカード方式になった最近のスマートフォンは「白ロム=中古品」の認識で正解だと言えます。

赤ロムに注意

大手キャリアでは、端末代金を割賦購入する事が一般的です。一般的に2年24回払いの分割購入が主流ですが、分割払いが終わっていない状態で、中古端末として売ってしまうケースがあります。

割賦代金が残っている端末を売却や料金未払いの状態で解約されてしまうと、キャリアがその端末に対してロックをかけるケースがあります。ロックをかけられた端末はSIMカードを格安スマホなど他社のものに変えても利用できない場合があります。

このように、未払い金が残った状態の中古品や、最初は普通に使えていても割賦残金の都合で近い将来ロックをかけられる可能性がある端末を、業界用語で「赤ロム」と呼んでいます。

売れ筋の白ロム

機種名 キャリア 新品価格 白ロム相場
XperiaZ3 compact SQ02G ドコモ 68,688円 35,000円〜40,000円
iPhone5S ドコモ 70,000円〜 45,000円〜50,000円
iPhone6 ドコモ 70,000円〜 70,000円〜
Arrows X F-02E ドコモ 79,800円〜 15,000円〜20,000円

型落ちモデルが狙い目

白ロムは型落ちモデルでは一気に料金が安くなる傾向があります。格安スマホの新品よりも、型落ちの白ロムで1〜2世代型落ちモデルを選んだ方が、安くてハイスペックな端末を購入する事が可能です

iPhone6/Plusなどの人気最新端末では、未使用状態では定価同等や定価以上で取引される事もあります。

白ロムは信頼できるショップがオススメ

白ロム端末は、故障と赤ロム問題の2点に不安を抱えています

どれだけ安くても、買ってすぐに故障したり赤ロム化して利用できなくなってしまっては、意味がありません。白ロム端末を扱っているショップでは、故障と赤ロム化の双方に対して保証を付けています。購入する場合は必ず保証内容を確認しましょう。

友人や知人で、信頼できる人から、使わなくなった端末を白ロム化して譲り受ける方法もオススメですが、ネットオークションなどを通じて個人売買で購入する行為は危険です。特に最新端末が安く売られている場合は、赤ロムのリスクが大きいと考えましょう。

最近では、ネットオークションや個人売買掲示板でのやり取りも増えてきていますが、スマートフォンは通常の中古品とは違い、赤ロム問題を抱えている、中古取引が難しい商品だという事を認識しておきましょう。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ