格安スマホとは?

格安スマホは普通のスマホと何が違うのでしょうか?
ここでは格安スマホの仕組みと違いを紹介します。

スマートフォンを利用するにはSIMカードが必要

大手キャリアの端末も含めて、スマートフォンの端末には必ずSIMカードのスロットルがあります。SIMカードとは、携帯電話の番号や、データ通信の使用量を管理するIDのようなものです

IMG_0468

スマートフォンの端末を利用して個別に請求が来るのは、全てSIMカードによって管理された情報を元に料金が計算されているからです。スマートフォンは契約済みのSIMカードが挿入されてはじめて電話やデータ通信の利用が可能になります。

SIMカードはICチップが組み込まれており、電話番号のほか、住所録や通話履歴なども記録できます。

大手キャリアのスマホにはSIMロックがかかっている

大手キャリアのスマホ端末を購入した場合、他社のキャリアのSIMカードを挿入しても使用する事ができません。それは、各大手キャリアが、自社以外のSIMで利用できないようにSIMロックをかけているからです

しかし大手キャリア以外から、SIMフリー端末のスマートフォンが発売されていて、この場合どこの会社のSIMカードを挿入しても利用可能です。

2015年4月より、通信業界の自由化が始まり、大手端末のスマートフォンの多くが、一定期間(原則180日)使用した後、手続きを行う事でSIMロックを解除して、SIMフリー化できる端末がドコモとauを中心に多数投入されています。

格安スマホは大手キャリアより安い価格でSIMカードを提供

格安スマホの会社では、大手キャリアの月額料金よりも50%〜70%ほど安い価格でSIMカードを提供しています。SIMカード単体の他にも、SIMフリー端末のスマートフォンのセット販売なども行っています。

「格安スマホ」と「格安SIM」の二つの言葉が出回っていますが、

  • 格安スマホ = 大手キャリア以外の割安なSIMを挿入されたスマートフォン
  • 格安SIM  = 格安スマホに挿入する大手キャリアよりも安いSIMカードとサービス
  • 運営母体は同じ会社の事を指している事が多いです。

    回線は大手キャリアから借り受けている

    格安SIMを提供している会社は、自社で通信網を持っていません。大手キャリアの回線を借り受ける形で運営を行っています。こうした会社の事を「MVNO」と呼びます。

    MVNOはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。ドコモやau、ソフトバンクなどの自社で通信回線を持っている大手の事をキャリアと呼び、大手キャリアから回線を借り受けている業者がMVNOと呼ばれます。

    格安スマホの記事や情報ではMVNOの言葉が頻繁に登場しますが、「格安スマホ会社=MVNO」という関係性を理解しておくようにしましょう。

    MVNOとキャリア端末の組み合わせによっては、SIMロック端末も使用可能

    ドコモ回線を利用しているMVNO(格安スマホ)ではドコモの端末をSIMロックがかかっている状態のまま使用できるケースがあります。最近では動作確認端末も増えていて、最新のiPhoneやギャラクシーなどの人気端末をはじめ、様々な端末で格安SIMをそのまま使用する事ができます。

    格安スマホ(MVNO)の仕組みや特徴

    格安スマホの会社はどこがあるの?

    近年格安スマホブームで、多くの業者が、参入していて、今現在もMVNOの会社の数は増加しています。
    信頼度が高い主要な大手MVNOについては、「格安SIMの一括比較まとめ」で運営会社や、借り受けている大手キャリアの回線なども含めて紹介しています。

    自社で通信網を持っていなくても運営できる格安スマホは、イオンや楽天、DMMなどの、それまで通信事業とは無縁だった異業種の参入も増えています。

    格安スマホはどれくらい安いの?

    冒頭でも紹介していますが、おおよその目安として大手キャリアの半額以下。基本料金として、月額3,000円以下のプランが人気です。

    詳しくは「大手のスマホと何が違う?どれくらい安い?」のページで紹介しています。

    格安SIM・スマホで迷ったら

    格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

    どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

    ●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
    mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
    Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
    月1,000円程度で十分に使えています。
    また、私自身もipadの通信用で使っています。



    このページの先頭へ