楽天モバイルで格安スマホ・格安simセットに申し込んだ。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

楽天モバイルは格安sim、格安スマホを取り扱う会社で、私が特に気になった会社です。
そのため、実際に楽天モバイルで格安スマホ・格安simセットに申し込み、実践してみました。

楽天モバイルが気になった理由

楽天モバイルが気になったのは次のような理由からでした。

  • 最も安いプランが最安値だった
  • 取り扱いスマホ端末が8種類と最多だった
  • ドコモの電波とスマホ端末が利用可能
  • 3GBで1000円くらいのデータ通信simだった。安い!
  • スマホ端末が2万円程度と安いものをラインナップ

他の格安simに比べてこれだけメリットがあるから、とりあえず使ってみようと思い立ち申し込んでみました。

楽天モバイルの申し込み

楽天モバイルではデータ通信だけできる格安simを申し込もうと決めていました。
そこで迷ったのがどの端末にするかです。結構いろんな種類がありました。

>>楽天モバイルの公式ホームページから申し込みました。

raku-02

xperiaやaquosフォンなど誘惑は多かったのですが、できるだけ安い端末を購入したかったので、asusのzenfone 5にすることにしました。こちら一括で26,400円とスマホの中ではミドルクラスになります。

ASUSのパソコンは問題なく使っているし、スペックも十分と感じたのでZenfone 5という判断。値段も魅力的。

raku-03

格安Simの契約はとりあえず音声・SMSなしで通信制限3.1GBのものにしました。家ではWiFi環境があるし、外では動画を見ることが少ないので十分かなと感じています。

raku-04

ちなみに今回キャンペーンでsimカード1ヶ月無料でした。

raku-05

サービスの基本的な内容が決まるとあとはオプションの選択や、住所氏名の入力、決済方法の選択等を行います。

raku-06

それらが終了すると契約完了です。
私の場合では、申し込みの2日後にはSimとスマホが到着しました。

raku-07

ZenFone 5と格安Simの設定

内容物はZenFone5本体とSim、説明書とキャンペーンでもらえたSDカードです。

raku-08

まずはSimカードを取り出します。こんな感じで入っています。
カードについている金色の部分がSimカードです。ZenFone5ではマイクロSimという形式の物を使います。

thumb_IMG_0430_1024

金色の部分を取り出します。
あまり力は必要ありません。Simを押し出す感じで自然に外れます。

thumb_IMG_0438_1024

続いて、ZenFone5を取り出し、さらに背面カバーを外します。
すると中央部にSIMと書かれている部分がありますので、そこにSIMカードを挿入します。

thumb_IMG_0440_1024

あわせてSDカードも専用の箇所(上部)に挿入しておきます。
背面カバーを取り付ければ完成です。

thumb_IMG_0447_1024

あとは本体の電源を入れて説明書の通りに設定を続ければ設定完了です。
うまく電波が入らないときは暫く待ってみるとうまくいくことがあります。

thumb_IMG_0451_1024

楽天モバイルの格安スマホとSIMを使ってみて

私はもともとiphoneユーザーだったので、androidになって戸惑った点はあります。
しかし、ZenFone5の動作はかなりさくさく動きますし、画面の解像度も十分です。

iphoneにくらべて劣るのは本体の質感(ZenFone5はプラスチック)くらいでしょうか。
Androidもなれれば問題なく使えるようになってきました。

また、問題の格安Simの方ですが、こちらも良好です。
もちろんドコモの電波を使っているのでエリアも広いですし、不自由を感じることはありません。

また、パソコンやタブレットにテザリングすることもできるので、出先で仕事をしたりするのにも役立っています。通信制限に関しては、家に居る間はWiFiを活用していることもあってか、3GBを上回ることは今の所ありません。

料金も安いことですし、通話Simにしてメインで使っても全く問題ないですね。

>>楽天モバイルの公式ホームページ

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ