イオンモバイルの格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

イオンモバイルの特徴

aeonmobile

管理人より
小売大手のイオンが異業種から格安スマホに参入したとして、大きな注目を集めました。

日頃からイオンを利用している既存顧客をターゲットにした戦略で、スマホデビューの中高年層から人気を呼んで、格安スマホ人気の火付け役になりました。イオンのスマホは自社で格安スマホ(MVNO)を運営しているというよりは、他の格安SIMブランドの代理店販売をしています。

大手の強みで端末セット販売を格安で提供した事が成功の要因です。若者など、格安SIMや端末のスペックにこだわる人からは、他社の方がお得と評価する事も多く、初心者向けの格安スマホです。

イオンモバイルの特徴一覧

イオンモバイル
運営会社 イオンリテール株式会社 取り扱い端末 6機種
音声+データプラン  SIM単品なし オススメ端末 Xperia J1 Compact
データ通信のみプラン 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) ドコモ
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) BIGLOBE/.IIJmio
Wi-Fiルータ ○  店頭申込 ○イオン
LTE通信 ネット申込
テザリング   ネット申込の納期 3日~5日
解約違約金の発生 なし 
端末の分割購入の場合は一括精算が必要な場合も
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 高速通信1GB/6GB/12GB
データ容量繰越

イオンモバイルの端末SET料金

  • Xperia J1 Compact     一括価格 54,800円
  • KYOSERA S301       一括価格 29,800円
  • VAIO PHONE VA-10J    一括価格 48,000円
  • FUJITSU ARROWS MO1    一括価格 36,720円
  • ALCATEL idol2       一括価格 31,920円
  • geanee(3Gスマートフォン)  一括価格 15,120円

イオンモバイルの口コミ・評判

イオンは端末販売と、SIMカードの代理店

異業種からの格安スマホのパイオニアとして話題を呼んだイオンモバイル。
その仕組みは全国展開する小売大手のイオンの販売網を活かして端末を販売し、BIGLOBEやソネット、b-mobileなどをはじめとした格安SIMを代理店販売する形態となっています

実際にはイオン自体は格安スマホメーカー(MVNO)ではなく、イオンモバイルを利用する場合は、他社の格安SIMと契約をし、端末のみイオンから購入する仕組みになっています。

最新高性能端末の取り扱い

イオンは格安スマホ参入当初は、低スペックの格安端末の販売が中心でした。客層はそれまで従来のガラケー(フューチャーフォン)を利用していた中高年など、これからスマホデビューをするユーザーが中心でした

参入当初から、初回入荷分がすぐに売り切れるなど、反響が大きかったですが、スマホ端末などに詳しい人から見れば、低スペックの端末を数万円で販売しているので、割高。利用するメリットがない。という声もありました。

しかし、登場から1年以上経過して、最近では高性能端末の取り扱いも行うようになりました。象徴するのが2015年4月20日発売のソニーのエクスペリアJ1 compactです。

大手キャリアでも人気のエクスペリアシリーズ。スタミナ・防水・おサイフ携帯付きのハイスペック端末も取り扱いを始めたことで、若者などのスマホアクティブユーザーからも人気が出ています。

端末によって、SIMメーカーが限定される事も

イオンのスマホはBIGLOBEが中心です。店頭にいけば、その他複数の格安スマホメーカー(MVNO)の格安SIMも販売、取り扱いしています。

端末とセット購入する場合は端末によって、契約するSIM会社を指定される場合があります。例えば最近登場したエクスペリアの場合は、ソネットのPLAYSIMプラン100MBへの加入が条件になります。

通信速度の安定性やプラン内容などは、契約するSIM会社ごとで異なってきます。イオンモバイルが取り扱いをしている格安SIMは信頼できるメーカーのもののみですので、全般的に安心して利用する事ができます。

端末代金、SIM利用料金が安い

イオンは全国規模の大企業の強みを活かして、端末製造メーカーや格安SIMメーカーと直接交渉をして、仕入れを行っています。ネット通販などと比べても、割安感が高いです。

さらに、イオンモバイルで契約すると、通常音声通話付きSIMで発生する1年縛りや、早期解約の違約金がかからないプランなども
あります。

希望する端末がイオンで取り扱いしているケースや、端末にこだわりがない人などは、イオンモバイルはオススメできます

端末の現金購入は一括のみ

イオンモバイルは、店頭表示で24回分割払いの金額が提示されています。大手キャリアや、他の格安スマホのように、月々の携帯料金に端末代金を組み込む方式ではなく、イオンのクレジットカードで24回分割払いを利用した場合の金額表示となっています

分割にした場合は、クレジットカードの端末代の請求と、契約した格安SIMの料金請求別々に来る仕組みです。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ