b-mobileの格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

b-mobileの特徴

bmobile

管理人より
格安SIMとしてMVNOにいち早く参入した老舗企業。多彩な商品ラインナップや、現在の格安スマホブームが始まる前から、一歩コアな客層から注目を集めていたブランドです。

昔から、俗に言うオタク層が多く、現在でも多彩な商品ラインナップで、とにかく自分仕様にカスタマイズしたい人にオススメです。最近では高速データ通信無制限プランが2,780円で登場するなど、幅広い客層に人気の定番格安SIMです。

b-mobileの特徴まとめ

b-mobile
運営会社 日本通信株式会社 取り扱い端末 1機種
音声+データプラン  ○1,290円 オススメ端末 VAIO PHONE
データ通信のみプラン ○900円~ 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) ドコモ
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) 自社
Wi-Fiルータ 店頭申込 ○イオン 家電量販店
LTE通信 ネット申込
テザリング  ネット申込の納期 3~5営業日
解約違約金の発生 音声SIMのみ5ヶ月縛り 
8,000円
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 高速通信1GB~無制限
データ容量繰越 △(一部商品のみ)

b-mobileの料金プラン

●b-mobileSIM 高速定額

  3GB 無制限
データ通信のみ(SMS標準) 1,180円 1,980円
音声通話付き 1,980円 2,780円

●スマホデータSIM フリーData(1年継続オプション必須)

  高速通信1GB 高速通信2GB 高速通信3GB 高速通信4GB 高速通信8GB
基本プラン(音声通話) 1,560円 +0円 + 340円 + 950円 + 1,560円 + 2,420円

●PLATINA SIM for iPhone

  • 音声通話基本料 1,560円
  • データ通信基本料 2,420円 (高速通信7GB付き)
  • 1年継続オプション 0円  (高速通信7GB→8GBに増量)
  • 合計3,980円

b-mobileの口コミ・評判

格安スマホの老舗。玄人に人気の豊富なプランラインナップ

b-mobileを運営している日本通信はいち早くドコモのMVNOとして格安SIMに参入しています。格安スマホという言葉が、世間に浸透する前から、秋葉原の店頭販売を中心にオタク層など玄人から評判を呼んでいました。

その名残もあり、現在もプランの数は業界最多水準。その分統一感がなく、どのプランが最適なのかある程度知識がないと見極めづらいです。

はじめて格安スマホに挑戦したい人にはハードルが高いですが、より自分仕様にカスタマイズしたい人にオススメ

iPhone向けプランの用意

iPhoneのSIMフリー端末向けの専用SIMが用意されています。iPhoneは、例え型落ちモデルであっても端末性能が非常に高く、格安SIMと組み合わせたいという需要は多くあります。

しかし、iPhoneは格安SIMによっては対応していない(主にau系など)、初期設定が面倒、などのデメリットがあります。

b-mobileのプラチナSIM for iPhoneを利用すれば、サポートが充実。高速データ通信をアクティブに利用したい人にも人気の8GBプランが3,980円で利用できます。

個人事業主や小規模企業にオススメ 「03番号プラン」

小規模の事業を営んでいる人は、信用の為に固定電話が欲しいけど、日中は固定電話に応対できる人がいないなどのケースもあります。

従来は固定電話から携帯電話へ転送サービスなどを活用する方法がありましたが、発進する時には携帯電話の番号になってしまうデメリットがあります。

b-mobileの03番号プランを利用すれば、携帯・スマホ端末に03番号が付与されます。お住まいの地域に関係なく03番号を取得できるので、ネット集客している方などにもオススメです

SIM単体販売が中心

現在b-mobileはVAIO PHONEのみ端末セット販売を行っているのみです。利用者のほとんどは、ご自身で端末を用意して、SIMカード単品で契約して利用しています。

SIM単品に特化しているので、対応端末の一覧表やサポート態勢などは充実しています。既に端末をお持ちの方や、SIMと端末を個別に用意したい人にオススメです

b-mobileのSIMと端末のセット販売は、イオンとヨドバシカメラから行われていて、それぞれ専用SIMが用意されています。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ