DMM mobileの格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

DMM mobile(モバイル)の特徴

DMM01

管理人より
業界最安値水準、データ容量の豊富なラインナップなどが強みとなっています。

高速通信は安定していて、速度制限時でも一時的に高速通信を可能にするバースト機能があるので、通常のWEBページ閲覧やメール、メッセージアプリの利用は比較的ストレスなく利用できます。

データ通信は1GBあたりの料金が7GBよりも5GBの方が割安になっていて、人気はプランは5GB、3GB、2GB、10GBといった順番になっています。余ったデータ容量の繰越や家族での共有もあるので、家族でまとめて格安スマホに乗り換える人に人気です。

>>格安スマホなら!DMMモバイル

DMM mobile(モバイル)の特徴一覧

DMM.mobile
運営会社 DMM.COM 取り扱い端末 6機種
音声+データプラン ○1,260円~ オススメ端末 Zenfone5
データ通信のみプラン ○660円~ 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) ドコモ
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) IIJmio
Wi-Fiルータ 店頭申込
LTE通信 ○  ネット申込
テザリング ネット申込の納期 5営業日前後
解約違約金の発生 通話SIMのみ1年縛り
9,000円 
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 高速通信 1GB/2GB/3GB/5GB/7GB/8GB/10GB
データ容量繰越

DMM mobile(モバイル)の料金プラン 2015年4月改訂

●シングルコース SIMカード単品

 通信量制限 1GB 2GB 3GB 5GB 7GB 8GB 10GB
データSIMプラン 660円 770円 850円 1,270円 2,040円 2,140円 2,250円
通話SIMプラン 1,260円 1,470円 1,550円 1,970円 2,740円 2,840円 2,950円

●シェアコース

 通信量制限 8GB 10GB
データSIMのみプラン最大3枚 2,140円 2,250円
通話SIM1枚+データSIM最大2枚プラン 2,840円 2,950円
通話SIM2枚+データSIM最大1枚プラン 3,540円 3,650円
通話SIM3枚プラン 4,240円 4,350円

●端末セット

端末名 一括料金 分割料金(税込)
Ascend G620S 22,200円 999円/月 × 24ヶ月
Zenfone5 31,000円 1,395円/月 × 24ヶ月
freetel XM 28,800円 1,296円/月 × 24ヶ月
LG G2mini 32,400円 1,458円/月 × 24ヶ月
Nexus7(2013) 39,600円 1,782円/月 × 24ヶ月
Ascend Mate7 49,800円 2,241円/月 × 24ヶ月

>>格安スマホなら!DMMモバイル

DMM mobile(モバイル)の口コミ・評判

バースト機能でデータ容量オーバーでも安心

バースト機能とは、高速データ通信の容量オーバーで低速通信になった場合でも、一時的に高速通信を利用できる機能のこと
格安スマホはデータ通信量を少なく設定する事でより安く利用できます。しかしデータ容量をオーバーをしてしまった時に通信速度が遅くなってしまう事が大きなネックとなります。

バースト機能では、低速通信になった場合、メッセージの送受信やWEBページの閲覧程度の軽いデータ通信だったら、実用性がある範囲で使えるようになる機能です

他社ではほとんど採用されていない機能なので、数ある格安スマホの中でもDMMモバイルを選ぶ大きなメリットになります。

中間マージンなしで業界最安水準を達成

格安スマホの最大の魅力は安い料金です。DMMmobileを利用するには、ネット申し込みしか方法がありません。
販売店に支払う中間マージンがない直接申し込み限定となっている事で、低価格趣向ユーザーを満足させる価格設定になっています

7種類のデータ容量プランで臨機応変に対応可能

高速データ通信プランは1GB〜10GBまで7種類用意されています。
プラン変更は月単位になりますが、原則自由に行う事ができます

毎月どれだけデータ通信を利用するか把握していない方は、最初はゆとりのある容量を選んで、様子を見ながら容量を減らしていく事も可能です。

バースト機能もあるので、「1GBや2GBプランでも充分」といった声も多く、結果的に大幅にスマホの月額料金を節約できる可能性があります。

大容量プランはSIMカード最大3枚利用可能

高速データ通信8GBと10GBプランは、SIMカードを最大3枚まで利用可能です。家族や端末ごとでシェアして利用する事が可能。
複数枚のSIMを利用しても、データ容量は共有されているので使い勝手が良いです。

SIMカード自体が別れているので、家族限定などの縛りもなく、友人や恋人などと一緒にシェアして利用する事も可能です。

>>格安スマホなら!DMMモバイル

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ