freetel(フリーテル)の格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

freetel(フリモバ)の特徴

freetel

管理人より
元々は端末製造会社で、シンプルな機能で法人向けに参入してきた格安スマホ。

しかし、シンプルで業界最安水準の料金設定や、一括で1~2万円の自社端末の評判が良く、個人の利用者も非常に多いのが特徴。

データ繰越などはないが、その分プラン全体がシンプルで安くて分かりやすいと評判です。MNP転出以外は解約手数料や、縛り期間がないので、既存の大手キャリアのスマホを残してサブ端末で格安スマホを持ちたい人などに人気が高いです。

freetel(フリモバ)の特徴まとめ

freetel
運営会社 プラスワン・マーケティング株式会社 取り扱い端末 8機種
音声+データプラン  ○1,270円 オススメ端末 freetel XM
データ通信のみプラン ○670円~ 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) ドコモ
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) u-mobile
Wi-Fiルータ 店頭申込 ○イオン 家電量販店
LTE通信 ネット申込
テザリング  ネット申込の納期 翌日~1週間
解約違約金の発生 原則なし。
ただしMNP転出の場合は最大15,000円の手数料が発生(12ヶ月以内)
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 高速通信1GB/2GB/3GB/5GB/7GB
データ容量繰越

freetel(フリモバ)の料金プラン 2015年4月改訂

  1GB 2GB 3GB 5GB 7GB
ネットし放題プラン(データ通信のみ) 670円 880円 1,280円 1,980円 2,480円
ネットし放題+電話プラス(音声電話付き) 1,270円 1,480円 1,780円 1,480円 2,880円

freetelの端末代金

  • freetel XM  24,980円
  • freetel nico 17,800円
  • freetel priori2 9,980円
  • freetel nico SP 19,800円
  • freetel priori2 SP 12,800円
  • freetel priori2 LTE 17,800円

freetelの口コミ・評判

業界最安水準の料金形態

音声通話付きプラン1,270円〜(高速通信付き)、データ通信のみ670円〜(高速通信付き)など、業界最安水準の料金設定です。元々法人向けに立ち上げた格安スマホブランドですので、シンプルさと、料金の安さに長けています。

端末の自社製造

料金設定を破格とも言える水準にできた理由は、端末の自社製造です。freetelブランドの端末は低価格が売りで他社の格安スマホに採用される事もある人気端末

格安SIMは薄利でも、契約者が増えていけば自社端末も売れていくという相乗効果から、メーカーから端末を仕入れている他社よりも安い料金設定を可能にしています。

端末の性能は大手に劣る

freetelの端末は一括価格で1万円〜2万5千円程度。一般的な格安スマホ端末の相場は3万円〜5万円前後ですので、非常に安い価格設定です。そこで気になってくるのが、端末の性能や実用性です。

まず、高速通信(LTE)を利用したい場合は、17,800円のfreetel priori2 LTE以上の端末を選ぶ必要があります。

ハイエンドモデルを選んだとしても、もともとは、通話がメインの法人向けに開発されている端末ですので、大手キャリアで扱われている端末のクオリティを求めていると、ゲームや動画閲覧などを利用した際にはストレスを感じる可能性があります。

スマホをイジる時間が少ない人はfreetel端末は安くてオススメですが、暇さえあればスマホを触っているような人であれば、他社メーカーの端末を個別に用意して、SIMカードのみの契約をする事がオススメです

MNP転出時の手数料が高い

freetelは契約直後に解約をする場合に違約金が発生しません。ただし、MNPを利用した転出を理由にする場合は、契約から12ヶ月以内に限り最大15,000円の手数料が発生してしまいます

それまで大手キャリアで利用していた、メインの電話番号を利用してしまうと、1年以内の解約、MNP転出時に他の格安スマホに比べても、手数料(違約金)負担が大きくなります。

新規で電話番号を取得する場合や、データ通信のみであれば、契約後、すぐに解約をしても違約金不要ですので、お手軽に利用する事が可能になります。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ