IIJmioの格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

IIJmio(みおふぉん)の特徴

IIJMIO01

管理人より
2015年4月より料金プランが改訂となり、月額3GBプランが900円~と業界最安水準になりました。

NTTドコモのスマホも利用できるので、今後ドコモのiPhoneの分割払いが終わってから乗り換えたいという声が多く届いています。MVNEとしても人気が高く、LTE通信の安定性は評判が高いです。

全国のビッグカメラで購入できる手軽さも売り。利用者の大半が、別で端末を用意してSIM契約のみで利用しています。

IIJmioの特徴一覧

IIJmio
運営会社 株式会社インターネットイニシアティブ 取り扱い端末 2機種
音声+データプラン  ○1,600円~ オススメ端末 LG G2mini
データ通信のみプラン ○900円~ 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) ドコモ
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) 自社
Wi-Fiルータ 店頭申込 ○ビッグカメラ
LTE通信 ネット申込
テザリング  ネット申込の納期 1週間~10日前後
解約違約金の発生 音声SIMのみ1年縛り
12ヶ月から利用月数を引いた数×1,000円
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 3GB/5GB/10GB
データ容量繰越

IIJmioの料金プラン 2015年4月改訂

 通信制限 3GB 5GB 10GB
データ通信SIMプラン 900円 1.660円 2,700円(最大SIM3枚)
SMS機能付きデータ通信SIM 1,040円 1.520円 2,560円(最大SIM3枚)
音声通話付きSIM 1,600円 2.220円 3,260円(最大SIM3枚)
プリペイドSIM 利用期限3ヶ月、データ容量、2GB、3,791円(月額基本料無料)

●端末セット代金(hi-ho利用)

  • hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with ZenFone 5【LTE】 月額1,980円〜×24回
  • hi-ho LTE typeD ミニマムスタート with G2 mini【LTE】  月額2,280円〜×24回

IIJmioの口コミ・評判

バースト機能でデータ容量オーバーでも安心

バースト機能とは、高速データ通信の容量オーバーで低速通信になった場合でも、一時的に高速通信を利用できる機能のことです。

格安スマホではデータ容量をオーバーをしてしまった時に通信速度が落ちてしまう事が大きなネックとなります。

しかしバースト機能では、低速通信になった場合、動画の閲覧など容量の重たいデータ通信はできなくても、メッセージの送受信や、WEBページの閲覧程度だったら、実用性がある範囲で使えるようになります

現状、他社ではほとんど採用されていない機能なので、数ある格安スマホの中でもIIJmioを選ぶ大きなメリットになります。

データ容量の追加が安い

高速データ通信が容量オーバーになった場合でも、バースト機能を利用する事で、最低限の実用性を確保できます。しかし、地図アプリや、動画閲覧など高速通信を利用したい時に全く高速通信を利用できないのは不便です。

そんな時に便利な高速データ通信容量の追加購入。他社の格安スマホでも標準化されているサービスですが、IIJmioでは100MBあたり200円で高速通信容量の追加購入が可能です

専用アプリで、高速通信のON/OFF設定もできるので100MBだけでも追加購入しておけば、困った時にある程度の高速通信を利用できます。

バースト機能が付いている事を考えれば、データ容量を必要最低限のギリギリの容量に設定していても、安心して利用する事が可能。余計な追加出費を最低限におさえる事ができます。

新料金プランが安い

2015年4月の料金改訂で、従来の料金を据え置いて、データ容量を大幅に増量。10GBプランでは家族とのシェアも可能。アクティブユーザーから、最低限の機能を求める低価格趣向ユーザーまで、幅広い方に満足して頂ける料金設定になっています。

格安スマホの老舗大手。通信品質の安定性が高い

業界としては老舗の格安スマホメーカー。最近ではDMMモバイルにMVNEとして、供給を開始した事でも注目を集めました。

格安スマホサービス開始直後から、通信品質に定評が高く、本家NTTドコモと遜色のない品質を確保されています
IIJmioを選ぶ人は、通信品質や、これまでの実績による安心感を買っている人が多いです。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ