LINEモバイルの格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルは名称の通り、チャットアプリ最大手のLINEが提供する格安SIMです。
全プランでLINEの高速通信が無制限になるほか、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線を均一価格で利用できるメリットがあります。

LINEポイント・LINEPay残高への還元を行うキャンペーンを多数用意しているので、LINEのアクティブユーザーの方から人気です。
ソフトバンク回線を希望している方は業界最安水準の料金になりますよ!

LINEモバイルの特徴一覧

Lineモバイル
運営会社 Lineモバイル株式会社 取り扱い端末 15機種
音声+データプラン  ○1,100円~ オススメ端末 ZenFone Live(L1)
データ通信のみプラン ○600円~ 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) au/ドコモ/ソフトバンク
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) NTTコミュニケーションズ(ドコモ)/au・ソフトバンクは非公開
Wi-Fiルータ 店頭申込 ○携帯販売店 家電量販店
電話かけ放題 1回10分880円 ネット申込
テザリング  ネット申込の納期 最短即日発送
解約違約金の発生 有料のデータフリーオプション利用時のみ12ヶ月縛り 1,000円
通信速度 非公開
データ容量 500MB/3GB/6GB/12GB
データ容量繰越

LINEモバイルの料金プラン

音声通話SIM

500MB 1,100円
3GB  1,480円
6GB  2,200円
12GB  3,200円

データSIM(SMS付き)

500MB  600円
3GB   980円
6GB  1,700円
12GB  2,700円

機能追加

SNSデータフリー(Twitter・Facebook)   +120円
SNS音楽データフリー(SNSデータフリー+Instagram・LINEMUSIC +480円
10分電話かけ放題   880円
端末保証   450円(LINEモバイルで購入)/500円(ご自身で用意)

端末代金

iPhone7      一括40,800円~ 24回払い1,800円~
ZenFone Live(L1) 一括9,800円
OPPO A5 2020    一括19,800円 24回払い880円
moto g7 plus    一括29,800円 24回払い1,320円
AQUOS sense3 SH-M12 一括29,800円 24回払い1,320円
arrows M05     一括34,800円 24回払い1,550円
HUAWEI nova 5T   一括49,500円 24回払い2,160円
Mi Note 10     一括49,800円 24回払い2,170円

※2020年5月1日現在 セール対象商品

LINEモバイルの口コミ・評判

LINE使い放題の安心感

高速通信の容量を使い切った際に、動画視聴は我慢できるけどLINEの通話・ビデオ通話を制限されると支障の出る方が多いのではないでしょうか?
LINEモバイルは全プランでLINEの高速通信が使い放題になり、通信制限のかかった後もLINEおよびデータフリーオプション対象のSNS・音楽サービスの高速通信が可能です。

実際にデータを使い切らなくても、いざという時にLINEやSNSの利用を確保できる安心感に満足する口コミが多数寄せられています。
また、LINEをはじめデータフリーオプションの通信はノーカウントなので、他社に比べて動画やゲームへの通信に使える容量が多くなるメリットがあります。

音声通話+3GBが業界最安水準

動画視聴をしない人は、大半のケースでデータ通信容量が月額3GB以内に収まります。
音声通話SIM+高速データ通信3GBは多くのMVNOが扱う人気プランですが、LINEモバイルの月額1,480円は業界最安水準です。
料金の安さで比較してLINEモバイルを選ぶ方が多いようです。

3回線を均一価格で提供

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3回線を扱い、基本料金は全ての回線を均一価格です。
(グループ通話・割り込み通話等のオプション料金・対応可否はキャリアによって変わります)
ソフトバンク回線を使えるMVNOでは最安水準ですよ!

ソフトバンク回線の速度が速い?

LINEモバイルの扱う3回線の中で特にソフトバンク回線の実質通信速度が速いと評判です。
LINEモバイルは2018年7月からソフトバンク回線を扱い、業界最安水準の料金で大きなシェアを獲得しています。

この先、短期的にソフトバンク回線利用者が増えて、回線が混雑しやすくなる可能性は低いでしょう。
ソフトバンク回線を希望している方は、料金・通信速度の双方でLINEモバイルのオススメ度が高いです。

通信料をLINEPayで支払える

支払い方法はクレジットカード決済、LINEPay、LINEPayカードの3種類です。
格安SIMの支払い方法はクレジットカード決済にしか対応していないケースが多いですが、LINEモバイルはLINEPay経由で現金決済が可能です。(チャージして対応)
クレジットカードを持っていない方や、カード決済に抵抗がある方から選ばれています。
LINEPayで支払いすれば、LINEポイントが貯まるメリットもありますよ!

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ