楽天モバイルの格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

楽天モバイルUN-LIMITの特徴

管理人より
格安SIMでトップシェアを誇っていた楽天モバイルが2020年4月に第4のキャリアの「楽天モバイルUN-LIMIT」として生まれ変わりました。

高速通信し放題+電話かけ放題(専用アプリ経由)が付いて月額2,980円の一律価格になっています。

今後、どれだけ自社回線網を広げられるかが普及のカギですが、現時点でもパートナー回線のau回線の高速通信を5GB利用できるので魅力的なスペックです。

>>楽天モバイルの公式ホームページはこちら

楽天モバイルUN-LIMITの特徴一覧

楽天モバイル
運営会社 楽天モバイル株式会社 取り扱い端末 11機種
音声+データプラン  ○2,980円 オススメ端末 Rakuten Mini
データ通信のみプラン × 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) 自社 + au
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) 自社
Wi-Fiルータ 店頭申込 ○楽天モバイルショップ、家電量販店
LTE通信 ネット申込
テザリング  ネット申込の納期 1週間前後
解約違約金の発生 なし
通信速度 非公開
データ容量 楽天回線使い放題 + パートナー(au)回線5GB
データ容量繰越 ×

楽天モバイルUN-LIMITの料金プラン 2020年4月スタート時点

●プラン料金
・一律2,980円
・300万人対象・1年無料キャンペーン実施中
・音声SIM付き、1回10分かけ放題標準(Rakuten Linkアプリ経由の発信)
・高速通信:楽天自社回線無制限+パートナー回線(au) 5GB付き

●端末セットの料金

  一括払い 分割払い
Rakuten Mini 19,819円 825円×24回
412円×48回
HUAWEI nova 5T 54,364円 2,265円×24回
1,132円×48回
OPPO A5 2020 26182円 1,090円×24回
545円×48回
OPPO Reno A 128GB 35,273円 1,469円×24回
734円×48回
AQUOS sense3 plus 42,864円 1,786円×24回
893円×48回
AQUOS sense3 lite 28,319円 1,179円×24回
589円×48回
arrows RX 29,819円 1,242円×24回
621円×48回
Galaxy A7 31,500円 1,312円×24回
656円×48回
Xperia Ace 49,819円 2,075円×24回
1,037円×48回
Galaxy S10 90,728円 3,780円×24回
1,890円×48回
Galaxy Note10+ 115,723円 4,803円×24回
2,401円×48回

>>楽天モバイルの公式ホームページはこちら

楽天モバイルUN-LIMITの口コミ・評判

オープニングキャンペーンで1年無料

楽天モバイルUN-LIMITのオープンを記念して、300万人まで通常の基本料金1年無料が付くキャンペーンを行っています。
解約違約金のないので、現在使っているスマホで解約違約金が発生しない状況ならノーリスクで乗り換えできますよ!

ただし、キャンペーン終了後に通話かけ放題や大容量の高速通信が不要と考えている方は2,980円のプランしかない理由で慎重になっている口コミが散見されます。
今後はプランのラインナップ拡充に期待です。

楽天ポイントをもらえる

2020年4月から始まったオープニングキャンペーンでは、契約時に以下のポイントプレゼントキャンペーンを行っています。

・WEB契約特典  3,000ポイント
・事務手数料相当分全額還元  3,300ポイント
・スマホセット購入  最大15,000pt

楽天系列のサービスはポイントプレゼントキャンペーンに積極的なので、継続的に魅力的なポイントプレゼントキャンペーンを実施していく可能性が高いです。

楽天回線エリアが狭い

高速通信を無制限で利用できる楽天回線エリアは、東京・大阪など主要都市に限定されています。
郊外にお住まいの方は楽天モバイルUN-LIMITの恩恵が少なくなるので注意してください。

2020年4月の開始以降、続々と楽天回線エリアを拡大していて、一部で町・村単位の自治体にも対応しています。
口コミでは、対応エリアの狭さを懸念する意見を散見されますが、1年無料キャンペーンの終わる頃には、回線エリアが大幅に広がっているでしょう。

電話かけ放題はアプリ経由

楽天モバイルUN-LIMITは第4の携帯キャリアとして注目を集めていますが、現時点では大半がパートナー回線のau回線を使っています。
そのため、電話かけ放題は専用アプリ「RakutenLink」経由で発信する必要があり、端末に標準で付いている通話機能(アプリ)で発信すると30秒/20円の料金が発生するので注意しましょう。

Y!mobileやUQ mobileなど専用アプリ不要でかけ放題に対応している格安SIMが登場している中、第4のキャリアのキャッチコピーがあるのに専用アプリ経由のプレフィックス電話になる点を不満に感じる口コミが多数寄せられています。

データ超過しても1Mbpsの通信速度を確保

パートナー回線(au電波)を使った高速通信は5GBの容量がありますが、データ超過しても通信速度が1Mbpsを確保しています。
ちなみに他社の格安SIMでは100~200kbpsに制限されることが多いのです。
登場したばかりなので制限速度の口コミはないですが、同じauの電波を使うUQ Wi-MAXも通信制限1Mbpsで対応しています。

UQ Wi-MAXの制限速度の口コミを参考にすると、ネットニュースなどプラウザページは実用性のある速度で閲覧可能。YouTubeなどの動画再生は電波の混雑状況によって問題なく見られるケースと使いものにならないケースがあるようです。

iPhoneに対応しているとは言い切れない

2020年5月現在、iPhoneは全機種対応していません。
iPhoneXR以上なら使える口コミも見られますが、専用のAPN構成プロファイルの用意がないので動作保証はありません。
今後、追加する可能性が高いですが、iPhoneユーザーの方は現時点で慎重に検討することをおすすめします。

>>楽天モバイルの公式ホームページはこちら

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ