U-mobileの格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

U-mobileの特徴

umobile01

管理人より
高速通信使い放題プランが人気の格安スマホ。サービス開始直後は、実用的な通信速度が遅いと評判はあまりよくなかったですが、最近では安定性が増してきています。

2015年4月より料金改訂で、ネットし放題プラン2を用意。解約の違約金を高くする変わりに料金を下げています。

データ無制限にばかり注目がいきますが、端末代も含めて音声通話とLTE通信3GBついて月額2,000円を切る料金が業界最安水準。LTEが利用できて、とにかく安い格安スマホを探している人にもオススメできます。

U-mobileの特徴一覧

U-mobile
運営会社 株式会社 U-NEXT 取り扱い端末 4機種
音声+データプラン  ○ 1,580円~ オススメ端末 Ascend Mate7
データ通信のみプラン ○ 790円~ 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) ドコモ
通話料 20円/30秒 通信会社(MVNE) 自社
Wi-Fiルータ 店頭申込 ○家電量販店
LTE通信 ネット申込
テザリング  ネット申込の納期 注文の翌営業日発送
解約違約金の発生 音声プラン12ヶ月縛り 解約手数料6ヶ月まで.9,500円、7ヶ月~12ヶ月3,500円
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 高速通信3GB/5GB/使い放題 2段階料金(1GB以内・1GB超え3GBまで)
データ容量繰越

U-mobileの料金プラン 2015年4月改訂

  1GB 3GB 5GB LTE
使い放題
LTE
使い放題2
ダブルフィックス(1GB〜3GB) ダブルフィックス2(1GB〜3GB)
データ専用
プラン
790円 1,580円 2,480円 680円〜900円
通話プラス
プラン
1,580円 1,980円 2,980円 2730円 1,480円〜1,780円

●スマホセットプラン

  音声通話付き (端末分)
priori2 24ヶ月 1,980円〜 (400円×23 初月のみ780円)
ZenFone5 24ヶ月 2,680円〜 (1,100円×24)
Ascend G6 24ヶ月 2,822円〜 (1,322円×24)
Ascend Mate7 24ヶ月 3,655円〜 (端末分 2,075円×24)

U-mobileの口コミ・評判

高速通信使い放談プラン

格安スマホ業界に衝撃を与えたと言えるサービスが高速通信(LTE)使い放題プランの登場。音声通話も付いて月額2,980円の驚異の低価格です。

更に2015年4月より、更に基本料金を250円下げたLTE使い放題2を登場。本来最低利用期間(解約違約金発生期間)6ヶ月のところ、12ヶ月に延長し、他のプランへの変更も制限をかけた事で、同等のサービスを更に安く利用可能になりました。

既存のLTE使い放題プランも併用して選択する事が可能です。

格安スマホ業界唯一の2段階定額「ダブルフィックス」

格安スマホはデータ容量を少なくする程、料金を安くできます。しかしデータ容量がオーバーすると通信速度が遅くなり、必要に応じて、追加通信容量を購入しなければいけません。

月額料金を安くする為に、1GBプランなど、少量の容量にした場合、追加容量を購入すると結果的に割高になってしまうリスクが発生します。

このリスクを緩和できるプランが2段階定額となるダブルフィックスです。音声通話付きプランの場合、月の通信料が1GBまでは1,480円。1GBを超えた場合には自動的に3GBを上限に1,780円の月額料に切り替わります。

格安スマホの追加容量の料金相場は0.5GBあたり500円程度となっているので、割安感が高いサービスです。月にどれだけ通信容量を利用するか不安がある方や、月によって使用量が変わる人にオススメです

安いのは、使い放題プランだけではない

Uーmobileは使い放題プランだけに注目が集まりますが、データ専用SIMの5GBプランが1,480円など、各プラン全体的に業界最安水準の価格設定になっています

LTE使い放題2に関しては、プラン変更への制約がありますが、それ以外のプランであれば、必要に応じてプラン変更をしても、納得の低価格で利用できます。

LTEの安定性には若干の不安

LTE使い放題という革新的なサービス提供で話題を呼んでいますが、格安スマホは通信回線が混み合いやすい難点があります。LTE使い放題プランを利用しているユーザーがそれぞれ、動画の閲覧など重たいデータ通信を自由に利用すると、回線がパンク状態になってしまう時間帯が多くなります。

実際の利用者のクチコミや通信速度計測結果を見ると、他社のLTEに比べて、全般的に遅いという結果がでています。u-mobileのLTEの評価をすると、大手通信キャリアのLTEのクオリティを期待していると、後悔してしまう事もあるので、注意が必要です。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ