Y!mobile(ワイモバイル)の格安Sim・スマホの特徴や口コミ・評判

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴

Ymobile01

元々はイーアクセスがウィルコムを吸収合併して、株式会社ワイモバイルとした会社でPHSがメインでした。
現在は格安スマホを中心に、通常の携帯電話や、Wi-Fiルータの販売を行っています。電話し放題プランや端末代金0円など、大手通信キャリアと同等のサービスを格安価格で利用できます。

ソフトバンクのWi-Fiスポットを利用できる点で学生などに人気が高く、専用アプリ不要で電話かけ放題になるプランがあるので、仕事用のスマホとしても人気が高いです。
昨今は学割をアピールしたテレビCMが増えていて、学生からのシェアを高めています。

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴一覧

Y!mobile 音声付きSIM
運営会社 ソフトバンク株式会社 取り扱い端末 20機種以上
音声+データプラン  ○2,680円~ オススメ端末 Android One S7
データ通信のみプラン 電話番号の付帯
スマホセットプラン キャリア(MVNO) ソフトバンク/ワイモバイル
通話料 1回10分まで無料
超過分は30秒20円
通信会社(MVNE) 自社
Wi-Fiルータ ○  店頭申込 ○ワイモバイルショップ
LTE通信 ネット申込
テザリング  ネット申込の納期 最短翌日発送
解約違約金の発生 なし
通信速度 下り最大75Mbps
上り最大25Mbps
データ容量 3GB/9GB/14GB
データ容量繰越

Y!mobileの通信費用

基本料金=パケット定額サービス+国内無料通話(1回10分)

  通信容量 月額費用 その他
スマホプランS 3GB 2,680円 新規割・おうち割光セットで最安1,480円
スマホプランM 6GB 3,680円 新規割・おうち割光セットで最安2,480円
スマホプランR 14GB 4,680円 新規割・おうち割光セットで最安3,480円

Y!mobileの端末代金(※分割の最安料金は36回払い)

• iPhone7    分割700円~
• iPhone6S    分割560円~
• Android One S7  一括25,119円 分割700円~
• Libero S10    一括11,520円  分割320円~
• Xperia 8     一括30,960円  分割860円~
• かんたんスマホ705KC  一括32,400円  分割900円~
• DIGNO® ケータイ3  一括18,000円  分割500円~
他多数のモデル有り。新規・MNPで販売価格が異なります。

Y!mobile(ワイモバイル)の口コミ・評判

Y!mobaileってどこの会社?

Y!mobile(ワイモバイル)は元々ソフトバンクの子会社だった当時のイー・アクセスがYAHOOに買収される事が発表され、YAHOOや、enjyoi、Happyなどの「Y」という字をコンセプトに社名変更をしましたが、結局YAHOOは買収を取りやめ業務提携にとどめました。

その後PHS大手のウィルコムを買収し格安スマホにも参入。2015年4月より、親会社のソフトバンク(当時はソフトバンクモバイル)が吸収合併し、現在は大手キャリアが直接運営する格安スマホとなっています。

格安スマホ初の「通話無料サービス」

格安スマホは大手キャリアに比べて基本料金が安くても、通常の通話料金が割高となっています。
PSH大手のウィルコムを買収したY!mobile(ワイモバイル)は、PHSで好評だった10分以内の通話無料サービスを用意。
更に1,000円のオプション料金を払ってスーパー誰とでも定額に加入すると、時間、回数無制限で電話がかけ放題になります。

最近では他社の格安スマホも通話無料サービスを用意していますが、専用アプリを経由して発信をしないと30秒/20円の通話料を取られるので注意してください。
Y!mobileはソフトバンクが直接運営する強みを活かして、専用アプリ不要で大手キャリアと同じようにスマホ標準の通話機能でかけ放題を利用いただけます。
なお、2019年9月よりau回線を使うUQ mobileも同様に専用アプリ不要の無料通話サービスを開始しましたが、Y!mobileは業界でいち早く通話無料サービスを始めた実績が強みです。

家族も対象のワイモバ学割

ワイモバ学割は5歳以上18歳以下のお客さまと同一回線の家族が対象にM・Rのプランが最大13ヶ月1,000円の割引になります。
学割を用意している格安SIMは珍しく、割引額が大きいことを理由に学生から人気です。
もちろん、新規割とおうち割光セットとの併用が可能で、Mプランなら最安1,480円で利用頂けます。

通信速度の安定感が高い

最大通信速度は下り75Mbpsですが、ソフトバンクが運営しているだけあって、混雑しやすい時間帯も安定して高速通信を楽しめると評判です。
各種割引は期間限定になり、最安プランの通常料金(2,680円)は他の格安SIMより割高ですが、通信速度の安定性を重視する方から選ばれています。

なお、最大通信速度200Mbps以上を明記している他社でも、実質速度は75Mbps以下になっているケースが多いです。
回線の空いている時間帯の通信速度も他社と同等以上の水準を確保しているので、ご安心ください。

専売ショップが多い

Y!mobileは全国に1,000店舗以上のワイモバイルショップを展開しています。
取次店ではなく専売ショップになるため、初期設定や使い方のサポートを受けられると評判です。

初めてスマホを利用する方や、大手キャリアと同等のサポートを求めている方から好評で、店舗サポート体制が他の格安SIMに比べた強みです。
ソフトバンクショップと併設しているケースも多く、昨今はソフトバンクからY!mobileに切り替える方が増えています。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ