格安スマホ・simでどれくらい安くなる?

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

格安スマホやSIMを利用した場合、どれくらい安くなるか実際に利用者の月額料金を大手キャリアのプランと比較しながら紹介していきます。

格安スマホが基本料金が安くても、総額ではあまり安くならないのではないか?と不安を持っている人もいますが、実用例を参考にして頂ければ分かりやすいです。

スマートフォンデビューのAさんの場合

Aさんはそれまでソフトバンクのガラケーを使用していて、イオンモバイルでスマートフォンデビューしました。長電話は家の固定電話が中心で、家族と出先で連絡を取ったり、メールをする程度。ネットは天気予報や乗り換え情報・ニュースを見る程度でした。

従来の携帯代(ソフトバンク)

ホワイトプラン 934円 + Sベーシックパック300円 + パケットし放題S 4,200円 + 通話料 平均約500円 + 端末代実質0円 = 合計約5,934円

ソフトバンクのスマートフォンに乗り換えていた場合

ホワイトプラン 934円 + Sベーシックパック300円 + パケットし放題フラット for シンプルスマホ 2,839円 + 通話料 平均約500円 + 端末代実質0円 = 合計4,573円

イオンモバイルのスマホに乗り換えた料金

BIGLOBE高速通信無制限1GB 1,350円 + 通話料 平均約1,000円 + イオンスマホ安心パック 600円 + 端末代 1,341円 = 4,291円

Aさんの場合は、パケットし放題プランが大手キャリアでも安いプランで充分だった事から、ソフトバンクのスマホに乗り換えても安くなる計算でした。しかし、パケットし放題シンプルスマホは、高速通信が月額500Mpbsしか利用できないので制限がすぐかかるデメリットがあります。

はじめてのスマホに不安で安心パックに加入した事と、ソフトバンクでは家族無料通話を利用していた為通話料が高くなりました。結果的に節約できた料金は少なかったですが、電話サポートや保証、セキュリティが付いた安心パックが付いて、高速データ通信1GB使えるのでお得感は値段以上に大きいです。

auのスマートフォンから乗り換えたBさんの場合

Bさんはそれまで、auのスマートフォンを利用していました。電話はLINE通話など通信で利用料が少ない為、旧プランのLTEプランを利用していました。auの場合、LTEプランを選ぶと基本料金は安くても、LTEフラット(7GB)を付けなければいけず、通信料が大きな負担でした。

ゲームや動画は少し見る程度のBさんは実際には月に3GBのデータ通信で収まっていました。月額料金を重視したBさんはDMM.mobileのSIM単体コースを利用。それまで使っていたスマートフォンは、古く電池の寿命もあり、新しくネットでASUS ZenFone5 を26,000円で一括購入しました。

従来の携帯代(auスマートフォン)

LTEプラン 934円 + プロバイダ料 300円 + LTEフラット(7GB) 5,700円 + 通話料平均1,000円 + 端末代 600円  = 8,534円

DMM.mobileに乗り換えた料金

通話SIMプラン5GB 1,970円 + 通話料 1,000円 = 2,970円

Bさんは端末を一括購入をした事や、余計なオプションに加入しなかった事、友達との電話が中心だったのでauのLTEプランに比べて通話料が高くならなかった事から、月々の携帯代を約7割の削減に成功しました。

端末代金を24回払いにしていても、月額4,000円ちょっとで半額以下になっていた計算です。

ドコモのスマートフォンをフル活用していたCさん

Cさんはドコモのスマートフォンで電話もデータ通信も頻繁に使っていました。携帯代金は1万円を超えていました。時間ができればスマートフォンをいじっていたBさんは2年前に当時ハイエンドモデルだった端末を購入。割引があっても月額2,000円の負担金が必要でした。

2年前の端末に物足りなくなったCさんは格安スマホでハイエンドモデルのAscend Mate7を扱っていて、データ容量10GBを選べる楽天モバイルを利用しました。

従来の携帯代(ドコモスマートフォン)

カケホーダイプラン 2,700円 + プロバイダ料 300円 + データLパック(8GB) 6,700円 + 通話料0円 + 端末代 2,000円 = 11,700円

楽天モバイルに乗り換えた料金

音声機能付き10GBパック2,960円 + 通話料2,000円 + 端末代 2,200円 = 7,160円

Cさんの場合は、ハイエンドモデルでも新品5万円程度で変えるHuaweiの端末を選んだ事で端末代金を大手キャリアと同等に抑え、通話料は楽天でんわ、LINEの無料通話を併用して安くおさえました。

データ容量を10GBに増やして約4割ほど、大手キャリアのカケホーダイプランより安くする事に成功しました。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ