格安スマホと格安SIMの違い

格安スマホと格安SIMは、混合して使われる事が多いです。
違いを簡単に表せば、スマートフォンのセット販売されているモノを「格安スマホ」、SIM単体で売られている物を「格安SIM」と言います。

MVNOの格安SIMを挿入されたスマートフォンは全て「格安スマホ」に分類され、その中に入っているSIMカードの事は「格安SIM」と呼びます。

MVNOはスマホのセット販売とSIM単体販売をしている

格安スマホやSIMを取り扱うMVNOは、業者によって端末の取り扱い機種や種類、SIMカードのプランの内容は違いますが、スマホセット販売とSIM単体販売を行っています。

格安スマホ業者=格安SIM会社

この仕組みさえ理解してしまえば、格安スマホと格安SIMの言葉の違いに戸惑う事は少なくなります。

ハイエンドモデルの端末でも、格安スマホと呼ぶ

格安スマホは登場した当初は、大手メーカーの端末の取り扱いがほとんどなく、3流の海外メーカーの安い端末が主流でした。その時代の名残もあり、現在でも格安スマホは、海外製の安い端末を利用したスマートフォンだと勘違いしている人もいます。

しかし現在は短い期間の中で格安スマホの急速な成長と普及があり、大手メーカーや国内メーカーも格安スマホ端末に続々参入しています。また格安SIMは、SIMフリー端末や、SIMの利用している電波とスマートフォンを購入したキャリアが同じであれば、幅広い機種を使う事ができます。

appleのiPhoneやサムスンのGALAXYなどのトップブランドで高価なスマートフォン端末でも、条件を満たして格安SIMを利用していれば、格安スマホの分類になります。格安スマホは、端末代金が格安なものだけではなく、端末を問わず格安SIMを挿入された全てのスマートフォンの事を指します

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ