格安スマホ・simでのLineの使い方

格安スマホやSIMでスマートフォンを利用する時に、まず最初にインストールする事をオススメするアプリがLINEです。スマートフォンユーザーのLINE使用率は2013年で約50%、2014年で約70%、2015年に入って80%を超えているデータがあります。

現在スマートフォンを持つならLINEは必須ツールとも言える定番アプリです。LINEを利用すれば、友人、知人とメッセージの送受信を行う事ができます。メールよりも使い勝手が良く、スタンプや写真アルバムのデータ共有など付加価値も多いです。

メッセージ機能の他にも、データ通信のみで通話料無料で利用が可能な音声通話、ビデオ通話機能もあり、タイムラインでの近況報告、連動ゲームアプリなどスマホで役立つツールが充実しています。

格安スマホ・SIMでLINEを使う方法を紹介します。

LINEをインストールする

LINEを使うにはアプリをインストールしなければいけません。Androidの場合はGooglePlay(Playストア)、iPhoneの場合はAppストアでそれぞれLINEを検索しインストールします。

アプリのインストールには、それぞれ端末のIDとパスワードが必要です。スマホの初期設定をした時点で、それぞれメモを取っておきましょう。ダウンロードは無料でできます。

LINEの初期設定

●LINEを起動する
スマートフォンにインストールされたLINEから、アプリを起動させます。

●プッシュ通知をONにする(iOS)
iPhoneの場合はLINEを起動したらプッシュ通知を送信します。よろしいですか?の確認画面が出ます。「許可をする」を選択しましょう。プッシュ通知とは、メッセージが届いた時などに通知をする機能です。

●新規登録かLINEユーザーログインか?
はじめてLINEを使う人は新規登録を利用します。前のスマホなどで既にLINEを使っていた人は、IDとパスワードが分かれば、既存のIDでログインできます。

●ユーザー認証をする
LINEを利用する為にはユーザー認証が必要です。電話番号によるSNSメールを利用する方法と、ファイスブックアカウントを利用する方法があります。

格安スマホやSIMが音声通話付き(090/080/070の番号を取得)のプランであれば、電話番号を入力するとSMSで確認コードが届きます。届いた確認コードを入力すれば認証は完了です。

データ通信専用SIMを利用の方はSMS認証を利用できません。この場合はフェイスブックアカウントが必要です。フェイスブックを利用していない人は、フェイスブックの登録をする事から始めないといけません。フェイスブックのID、パスワードを利用して認証する事ができます。

●利用規約とプライバシーポリシーに同意
LINEは実績のあるアプリですが、近年はアカウント乗っ取りなどのトラブルもあります。念のため、しっかり利用規約とプライバシーポリシーを確認して同意を選択します。

●友達追加設定
LINEはスマートフォンの電話帳に登録している情報から、友達を自動で追加する機能があります。友達の追加を許可をONにすると、自動的に電話帳と連動してLINEに友達情報が追加されます。都合が悪い人はブロックする事もできますので、まずは友達の追加をONにしましょう。

●名前を入力する
LINE上で相手に通知される名前です。本名でもニックネームでも可能です。

●年齢確認を行う
LINEは原則18歳未満の利用には一部制限がかかります。年齢確認ができないと主に友達のID検索機能ができなくなるデメリットがあります。格安スマホでは、LINEの年齢確認でエラーが出るケースが多いです。

エラーが出た場合は、Wi-Fiに接続して一度SIMカードを抜いて、LINEアプリのバグを利用したり、設定ファイルを書き換える方法(Android)など一部裏技のような回避方法があるようです。

これらの方法は、正規の方法ではなく、トラブル時のリスクは全て自己責任になりなります。当サイトでは、こうした正規以外の方法は推奨していません。どうしても年齢確認をさせたい人は、自己責任でネット検索して頂ければ、端末やOSごとに回避策が出てきます。

スマホから年齢確認できなくても、パソコンと連動させる方法や、ID検索機能を諦めて利用する方法があります。

LINEの使い方

初期設定が終わったら、実際にLINEを利用してみましょう。
LINEには様々な機能が付いていますが、ここでは最低限抑えておきたい、メッセージや無料通話の方法を紹介します。

友達を確認する

LINEを利用するには、連絡したい相手がLINEの友達に入っている事が必要です。
LINEを起動させたら、左下の「友達」をタップします。

友達画面で、上にスクロールして友達の名前を入力する項目から検索するか、プロフィール、グループの下にある、友達(人数の数字)をクリックすると一覧表が表示されます。

友達に連絡をしてみる

友達画面から連絡をしたい相手の名前をタップすると「トーク」「無料通話」「ビデオ通話」が表示されます。

トークは、メッセージのやり取りや、無料通話の発着信の履歴を管理します。トーク画面を開くと、下にメッセージの入力欄と電話マークが表示されます。メッセージを入力すると相手にメールの要領で必要なメッセージを送れます。

電話の受話器のマークを押すと、無料通話をかける事ができます。その他、+ボタンから写真などの添付ファイルの送信。顔をしたマークを押して、絵文字やスタンプを送信する事もできます。

メッセージ、無料通話の履歴を確認する

過去にメッセージや無料通話のやり取りをした人は、LINEのトップ画面下の「トーク」をタップすると、連絡のやり取りをした人が直近の連絡日時順に一覧表示されます。

LINEでの連絡のやり取りはトーク画面から行う人が多いです。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ