格安スマホ・simのメリット

大手キャリアのスマートフォンから格安スマホ・SIMに乗り換えるメリットをまとめました。
格安スマホ・SIMはメリットだけではなく、デメリットもあります。合わせてご確認して特徴を理解しましょう。
(参考:格安スマホ・simのデメリット)

格安スマホのメリット

月額料金が安い

大手キャリアに比べて、大幅に月額料金を安くする事ができます。SIM単体の場合であれば、音声通話と高速データ通信(3GB)で月額2,000円以下にする事ができます。

データ容量が全般的に安い

大手キャリアの場合、高速通信のデータ容量は2GBは大手3社共通して3,500円ですが、10GBにした場合、8,000円〜9,500円になります。データ容量を増やすと割高感が高まりますが、MVNOの格安スマホやSIMは10GBでも2,250円〜4,000円程度です。

その他の容量を見ても全般的に大幅に大手キャリアよりも安いです。データ通信をたくさん利用する人は月額5,000円〜10,000円程安くする事も可能です。

データ通信専用プランがある

大手キャリアの場合は、スマートフォンを利用する場合必ず音声通話機能(090/080の番号取得)が必要です。格安スマホ・SIMでは音声通話機能を省いて、データ通信だけを利用できるプランがあります。

ネットやアプリの利用がメインの方や、データ通信のみで利用できる050番号のIP電話サービスだけで充分という人は、よりお得に利用する事ができます。

端末を自由に選べる

MVNOは大手キャリアなどと同様にスマホの端末セット購入の他に、SIMカード単体契約をして、自分で用意した端末を利用できます。大手キャリアは、取り扱い端末だけでしか利用できませんが、格安スマホは、ネット通販や白ロム(中古)、既に持っているそれまで利用していた端末などを利用できます。

ただし、格安SIMはどの端末でも利用できる訳ではなく、SIMフリー版や、同じキャリアの回線を利用している端末などに限られています。SIM会社によって、利用できる端末が変わりますので、事前に確認する事が必要です。
(参考:どんなスマホが使えるの?)

MVNO業者の数が多く、さまざまなプランがある

大手キャリアはドコモ、ソフトバンク、auの3社しかありません。各社電話かけ放題プランを一律2,700円に設定するなど、全般的に足並みを揃えたプランと料金設定です。

格安スマホやSIMを販売するMVNO業者は現在小規模業者も含めれば数百社あります。オススメできる大手MVNOだけでも10社以上あり、各社それぞれ個性豊かな料金プランを展開しています。
選択肢が多いので、より自分のライフスタイルに合わせた無駄のないプランを利用できます。

2年縛りがない

大手キャリアのほとんどは、契約期間に2年縛りがあり、2年以上経過しても更新月以外の解約は違約金を取られます。格安スマホやSIMでは、Y!mobileやUQmobileの端末購入アシストなど一部を除いて2年縛りはありません。

6ヶ月〜12ヶ月などの縛り期間はありますが、一定期間利用すれば、いつ解約しても違約金は発生しません。大手キャリアに比べて縛り期間が緩くメリットになります。
(参考:格安simとスマホの解約は?違約金はかかる?)

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ