それでも大手キャリアを使うメリットは?

格安スマホやSIMは近年急速な勢いで契約数を伸ばしています。

2014年3月時点ではMVNOの契約数は約1,480万件程度でしたが、わずか半年後の2014年9月では約1,928万件で約30%の増加になりました。登場当初は、一部のオタク層のみが利用していたMVNOの格安SIMですが、最近では身近な人でも大手キャリアから格安スマホに実際に乗り換えた人も増えてきています。

格安スマホに乗り換えると、月額料金を大幅に安くする事が可能です。最近では格安スマホ向けの端末も増えてきていて、一括価格2万5千円以上の予算があれば、大手キャリアと同等スペックの高性能端末を購入する事ができます。

電波は大手キャリアと同じ回線を使用し、LTEなどの高速通信にも対応しています。一見、大手キャリアを使い続けるメリットがないように感じるかもしれませんが、場合によっては、大手キャリアのスマートフォンを使い続けた方がメリットが大きいケースもあります

大手キャリアのスマートフォンを使い続けるメリット

家族での通話が多い

大手キャリアでは、月額1,000円程度の電話かけ放題が付かないプランでも、家族間通話を無料にしているサービスが標準化されています。同居している家族が多い人は、電話をかける相手がほとんど家族だというケースも多いです。

しかし格安スマホでは家族間通話無料サービスがありません。家族への通話も20円/30秒で通話料が発生する事を考えれば、大手キャリアを使い続けた方が、メリットが大きくなる場合もあります。

電話かけ放題プランを2,700円で利用できる

大手キャリア3社は2014年春より、携帯電話、固定電話問わず電話かけ放題のプランを基本料金2,700円で利用できるようになりました。格安スマホは月額料金が安くても通話料が高く、かけ放題プランがないデメリットがあります

一般的な音声通話付きSIMは、データ通信専用SIMに比べて約700円のオプション料金が発生します。そこから20円/30秒の通話料がかかるので、月に約50分以上電話するなら、大手キャリアのかけ放題プランにした方がお得な計算になります。
(音声通話料金:700円 + 通話料50分(20円/30秒):2,000円=合計2,700円)

格安スマホはデータ通信の料金が大手キャリアよりも安いメリットがあり、楽天電話や050plusなどの通話料削減サプリを活用して、より通話料を安くする事もできます。それでも月に2時間以上電話をする人や、仕事の電話が多くアプリを利用した電話が障害になる人、家族間通話が多い人は大手キャリアを使い続けた方がお得で利便性が高いです。

最新端末を安く利用できる

大手キャリアは2年縛りを条件に、最新のハイスペック端末のスマートフォンを安く利用する事ができます。格安スマホに乗り換える事と比較した場合、同じキャリアを使い続けるのではなく、違う大手キャリアにMNPで乗り換える事も選択肢に入れる事がオススメです。

スマートフォンの端末代金は、MNPで大手キャリアを利用すると割引率が一層高くなります。一括で購入すると10万円前後する端末でも実質0円で利用できる場合もあるなど、大手キャリアは端末代金の割引を考慮すれば、割高感は少ないです。

大手キャリアを利用するならオススメしたい端末は

  • apple iPhone6
  • SONY Xperia Z3/Z4
  • サムスン GALAXY S6

などのトップブランドの最新機種がオススメです。

インターネット割引が大きい

大手キャリアは自宅のインターネット回線を指定した提携プロバイダを利用していると、大きな割引を受ける事ができます。MVNOの場合はOCNやNifmoなどでも同様のサービスを行っていますが、割引率はスマートフォン1契約あたり200円程度です。それに対して大手キャリアは1契約につき1,000円以上の割引を受ける事ができます

最近ではソフトバンクやドコモも、ネット併用割引きをスタートさせていて、より選びやすくなりました。自宅にもインターネット契約で光回線などを導入している人や、家族が多い人は、大手キャリアを利用した方がお得感が高くなります。

また、大手キャリアはデータ通信の容量を2GBよりも大きくすると料金が一気に高くなるデメリットがあります。しかし、自宅にインターネットを引いてホームWi-Fi環境を作れば、少ないデータ容量でも対応しやすくなります。

大手キャリアのネット併用割引

●auスマートバリュー
 ・割引:1,410円〜2,000円
 ・主な割引対象プロバイダ:auひかり、地方ケーブルテレビなど

●ソフトバンクスマート値引き
 ・割引:500円〜2,000円
 ・割引対象プロバイダ:ソフトバンク光

●ソフトバンク スマホBB割
 ・割引:最大1,512円
 ・割引対象プロバイア:YAHOO BB・ NURO光など

●ドコモ 光スマホ割
 ・割引:1,350円
 ・割引対象プロバイダ:ドコモ光

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ