スマホ端末+SIMセットの各社比較とおすすめ

格安スマホ各社の端末とSIMセットを、オススメの組み合わせの紹介と特徴、他社と比べての比較を紹介します。

DMM.mobileのスマホとSIMオススメセット

dmmzn5

  • 端末:Zenfone5(月々1,395円)
  • SIM:音声通話付き高速通信3GBプラン(月々1,550円)
  • 合計:2,945円
  • 特徴、評価

コスパが高いと評判のZenfone5はクアッドコア搭載で、重たいアプリもサクサク動きます。
高速通信3GBプランを合わせても、月々3千円以下でおさまる組み合わせはオススメ度が高いです。
DMMでは、端末と音声通話SIMを合わせた組み合わせが2,259円からありますが、約700円プラスすれば、満足度が高いセット内容にする事ができます。

>>【DMM mobile】の公式ホームページはこちら

楽天モバイルのスマホとSIMのオススメセット

rakutenzn2

  • 端末:ZenFone 2(ZE551ML)32GBモデル/メモリ4GB(月々2,061円)
  • SIM:通話SIM高速通信3.1GBプラン(月々1,600円)
  • 合計:3,661円
  • 特徴、評価

最新端末のZenFone 2メモリ4GBプランと高速通信3GBが付いて4千円を大きく切るのは、大手キャリアと比較してもメリットが大きいです。
楽天モバイルの場合、分割では楽天カードのみの対応。一括払い(45,800円)をすると、楽天スーパーポイントが2,000ポイント付くメリットがあります。頻繁に機種ごとにキャンペーンをやっていますので、最新情報は必ずチェックしておきましょう。

>>楽天モバイルの公式ホームページはこちら

OCNモバイルONEのスマホとSIMのオススメセット

スクリーンショット 2015-05-06 15.07.44

  • 端末:LG G2 mini(月々1,380円)
  • SIM:音声通話付き高速通信110MB/日(月々1,600円)
  • 合計:2,980円
  • 特徴、評価

ホームページや店頭チラシなどでは、「月々2,780円からLTE端末を持てる」といったプランを一押ししています。しかし、内容を見ると「音声通話が付いてこない」「月々500円のサポートオプションが含まれている」などオススメできる組み合わせではありません。
上のおすすめプランのように、音声通話を付けて、サポートオプションを外す事で月々3千円の水準を達成できます。データ制限が日額なのは、他社と大きな違いです。

>>OCN モバイル ONEの公式ホームページはこちら

UQモバイルのスマホとSIMのオススメセット

スクリーンショット 2015-05-06 15.13.45

  • 端末:KCー01(月々1,250円)
  • SIM:音声通話付き高速通信3GBプラン(月々1,680円)
  • 合計:2,930円
  • 特徴、評価

データ通信無制限プランも用意されていますが、せっかくLTE対応端末を利用するのであれば、高速通信プランがオススメです。
データ容量が高速通信3GBと3G回線(500kbps)無制限しか選択肢がないのが難点です。
月々3千円以下で利用できるので、用途にマッチする人にはオススメです。

NifmoのスマホとSIMのオススメセット

スクリーンショット 2015-05-06 15.12.37

  • ZenFone 2(ZE551ML)32GBモデル/メモリ2GB(月々1,575円)
  • SIM:音声通話付き高速通信3GBプラン(月々1,400円)
  • 合計2,975円
  • 特徴、評価

楽天モバイルとは違い、2GBモデルのみの取り扱いになります。楽天モバイルでメモリ2GB端末を利用した場合、端末分割費用が1,611円になります。
更に機器セット割が200円適用になります。2GBで充分という人はニフモがおすすめです。

>>「NifMo」の公式ホームページはこちら

U-mobileのスマホとSIMのオススメセット

スクリーンショット 2015-05-06 16.53.40

  • 端末:Zenfone5(月々1,100円)
  • SIM:音声通話付き高速通信3GBプラン(月々1,580円)
  • 合計:2,680円
  • 特徴、評価

同じ端末、同じ高速通信が付いてくるDMMと比べても安いです。2段階定額のダブルフィックスにした場合は割高になるケースがあり、プランの選択肢は少ないですが、端末、SIMセットのコスパは非常に高いです。
2015年4月のサービス改訂で高速通信2GBプランが据え置きで3GBプランに増加された事が、DMMと比べた価格差の要因です。

>>「U-MOBILE」の公式ホームページはこちら

イオンモバイルのスマホとSIMのオススメセット

スクリーンショット 2015-05-06 16.56.40

  • 端末:Xperia J1 Compact(月々2,466円)
  • SIM:音声通話付き、高速通信150MB/日(月々1,580円)
  • 合計:4,046円
  • 特徴、評価

最新端末のXperiaの場合はソネットのSIMを利用する事が条件です。高速通信の制限は日割りか無制限になっています。1番安い100MB/日プランは、高速通信ではなく、中速通信になってしまいます。
せっかくの最新端末ですので、最低限、高速通信が付いた150MB/日プランがオススメ。+1,000円で高速通信無制限プランで利用できます。
端末の定価や性能を考えると、高速通信の制限付きで4千円を超えるのは、割高感も感じます。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ