赤ロムとは?

赤ロムとは、中古のスマートフォン端末「白ロム」の一種です。
白ロムの中でも、中古車市場に流通する過程で、前オーナーが割賦販売で購入された端末にも関わらず支払い完了の前に中古品として販売をした端末です

割賦残債が残っていたとしても、元の利用者がその後一括返済で残債を返済してくれれば問題なく利用できますが、残債を返済せずそのままにされると、一定期間が経過した後にキャリアから強制的に利用停止されてしまいます

赤ロムとは、こうした利用残債を残して売られている端末の事で、その後利用停止になるか、そのまま利用できるかは使ってみないと分かりません。

利用停止になると、操作自体ができないケースも

白ロムやキャリアロックの中古端末を購入する人の中には、格安SIMで利用するのではなく、Wi-Fi環境専用で利用を検討している場合もあります。通常のスマートフォン端末の場合、赤ロムでキャリアが利用停止処分をすると、他社も含めて契約しているSIMカードを挿入してもネットや電話ができません。

しかし、利用停止のみであれば、Wi-Fi環境を利用したデータ通信は可能です。しかしドコモのおまかせロック機能付き端末など、盗難・紛失時用に遠隔ロック機能が付いている端末では、赤ロムによる利用停止の際には遠隔ロックがかかり、操作自体が一切できなくなります。

赤ロムの見分け方

赤ロム端末は購入時に端末の製造番号を利用する事ができれば、ネットワーク利用制限を確認する事ができます。ドコモ端末は以下のページより、購入予定の白ロムの製造番号を入力します。

・ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

認証には製造番号の入力が必要です。店頭で販売している端末はラベルに製造番号を記載されている事が多いです。製造番号の記載がなければ店員に確認しましょう。ネットの場合も同様に、製造番号情報が掲載されているのが一般的です。製造番号を把握できない白ロムは赤ロムのリスクが大きいです。

製造番号が分かったら、サイトで確認を行うと「○」「△」「×」の結果が表示されます。
×であれば赤ロム確定ですでに利用停止されている状態。○であれば、割賦残債や料金の支払い遅延がなく、赤ロムの可能性がほとんどない端末です。△の場合は、赤ロムになる可能性がある端末です。

最新機種の場合は、購入後すぐに中古市場に流れるケースがあり△が多いです。なるべく△は避けて○を選ぶ事がオススメです。△だった場合は白ロムを購入するお店で赤ロムだった場合の保証があるか確認しましょう

赤ロムで利用停止を受けてしまった場合

万が一購入した白ロムが赤ロムで利用停止の被害を受けてしまった場合の対処方を紹介します。

ショップの保証を確認する

白ロムを販売しているショップの多くは、万が一赤ロムだった場合に返金対応をするなどの保証を付けています

赤ロム保証が標準の場合と、オプション加入の場合がありますので、なるべく購入時に内容を確認して、手厚い保証があるお店で購入するようにしましょう。保証がなくても、相談すると何かしらの相談に乗ってくれたり、アドバイスをもらえる事があります。

キャリアに相談する

赤ロム被害にあった場合、キャリアのショップに相談しに行くと、利用停止や安心ロックなどの解除をしてくれる場合もあります。白ロムを購入した際の領収書や販売証明書と身分証明書を提示する事を条件に、キャリアショップで対応してくれる可能性があります。

しかし、実施に対応してくれるのはごく一部です。ほとんどのケースでは前利用者が割賦残債など未払金を精算してくれないと利用停止や安心ロックの解除はできないと言われます。キャリアへの相談はダメ元の気持ちで行く事が必要です

赤ロム被害はショップの保証が無い場合、手のうちようがなくなってしまいます。なるべく購入時に赤ロム被害に遭わないように、製造番号から見るネットワーク利用制限情報と、ショップの赤ロム保証の内容をしっかり吟味して白ロムを購入する事が必要です

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ