格安スマホの月額料金

格安スマホを利用すれば、大手キャリアに比べて大幅に月額料金を安くする事ができます。

大手キャリア3社は2014年より料金プランの大幅な改訂を行っています。
現在は「電話かけ放題付きの新プラン」と「従来の基本使用料+通話料の旧プラン」の2種類があります。なお、iPhoneなど一部の機種では新プランしか選択できない場合もあります。

まずは大手キャリアの月額料金の事例をドコモのプランを参考に紹介します。

ドコモの月額料金

●新プラン
・基本料金(タイプXiにねん):743円
・プロバイダ料:300円
・データ通信パケ放題7GB:5,700円
 
*合計=月額料金:6,743円+通話料:(20円/30秒)

●新プラン
・基本料金(カケホーダイ, 電話かけ放題定額):2,700円
・プロバイダ料:300円
・データ通信Sパック2GB:3,500円

*合計=月額料金:6,500円

格安スマホの月額料金

格安スマホは大手キャリアの料金と比べて、プロバイダ料が無く、電話かけ放題プランの設定がありません。月額料金はシンプルで、次のようになります。

・「基本料金」+「通話料(20円/30秒)」

格安スマホは基本料金の種類が多い

格安スマホは大手キャリアと違い、音声通話(090/080の電話番号)が付かないデータ通信専用プランが用意されています。料金プランは大きく分けて次の3種類があります。

  • データ通信専用プラン (SMSなし)
  • データ通信専用プラン (SMSあり)
  • 音声通話付きプラン

また、一部格安スマホ(SIM)の会社によっては、高速通信(LTE)非対応のプランが用意されている事もあります。

格安スマホの基本料金を決めるポイントは次の点です。

  • 音声通話プランを付けるか?(音声通話はデータ専用プランに比べて+600円〜700円)
  • データ通信専用プランの場合はSMSを付けるか?(SMSを付ける場合は+120円〜150円)
  • 高速データ通信を付けるか?
  • 高速データ通信の容量をどうするか?

例として、料金が最安クラスのDMM.mobileの料金プランを紹介します。

DMM.mobile (データ通信は高速通信付きプランのみ)
データ通信容量 音声通話つきプラン データ通信専用プラン
1GB 1,260円 660円
2GB 1,470円 770円
3GB 1,550円 850円
5GB 1,970円 1,270円
7GB 2,740円 2,040円
8GB 2,840円 2,140円
10GB 2,950円 2,250円

*データ通信のみプランにSMSを付ける場合 +150円

格安スマホの通話料金

格安スマホの通話料金は、Y!mobileなどの一部を除いて各社共通20円/30秒になっています。
格安スマホは基本料金が安いですが、通話料が使った分だけ発生するので注意が必要です。
(参考記事:格安スマホの通話料金)

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ