SIMフリー(シムフリー)とは?

格安スマホでは、近年SIMフリー(シムフリー)端末が増えています。
格安スマホの関連情報を見ると、「SIMフリー」というワードが頻繁に登場しますが、そもそもSIMフリー端末とは何なのでしょうか?

スマートフォン端末の種類

スマートフォンの端末は、以下の3種類があります。

SIMフリー端末

格安SIMや大手キャリアを含め、どこの通信キャリアでも利用可能なスマートフォン端末です。

SIMフリー端末は、「新品の状態でSIMフリー版として販売している端末」と「大手キャリアの端末(SIMロック機能有り)を、SIMロック解除済みの端末」の2種類があります。大手キャリアの端末も、SIMロック解除さえしてしまえば、SIMフリー端末と同様の扱いになります。

SIMロック端末(SIMロック解除機能なし)

SIMロック端末は大手キャリアが販売している端末です。大手キャリアの場合は、端末と電話・通信プランのセット購入をしますので、端末だけ買ってすぐに解約して他社へ乗り換える事を規制する為に、キャリアがSIMフリーにできないようにロックをして販売しています。

ドコモは2011年2月以前、auは2015年4月以前、ソフトバンクは型落ちモデルも含めて4機種を除いてSIMロック解除ができないモデルになっています。また、最新端末であってもiPhoneなど一部の端末はSIMロック解除ができません。

SIMロック端末(SIMロック解除機能あり)

上記SIMロック端末(SIMロック解除機能なし)と同様に、大手キャリアから販売されている端末です。
「180日以上、端末を購入したキャリアを利用する」「3,000円程度の手数料を払ってSIMロック解除手続きをする」「SIMロック解除機能に対応している」の3点を満たす事で、必要に応じてSIMロックを解除してSIMフリー化する事ができます
手続きをしなければ、SIMロックがかかった状態で、他のキャリアでは利用できません。

海外ではSIMフリー端末が主流

日本では、大手キャリアの端末は全てSIMロック解除ができませんでした。しかしSIMフリー化を総務省が推奨している事もあり、最近ではSIMフリー端末やSIMロック解除可能端末が増えています。この背景には、格安スマホが普及してきた事や、海外ではSIMフリー端末が主流になっている事があります。

SIMフリー端末は一度買ってしまえば、SIM会社やキャリアを気にすることなく利用できます。大手キャリアから大手キャリアへ乗り換える場合、端末を買い直す事が当たり前でしたが、SIMフリー端末を持っていれば端末はそのままでキャリアを変える事もできます。

利便性や商品価値が高いSIMフリー端末を求めて、海外メーカーの輸入品を購入するユーザーが増加傾向にあります。それまで、SIMロック端末を中心に販売していたスマートフォンの国内メーカーなども、市場のニーズに応える為、続々とSIMフリー端末を導入しています。

SIMフリー端末は、どこの格安スマホやキャリアでも使えるの?

SIMフリー端末を買えば、どこの会社のSIMカードでも利用できると思ってしまいますが例外があります。ドコモとソフトバンクであれば、ほぼ全てのSIMフリー端末を利用できますが、auだけはSIMフリー端末でも利用できない場合があります。それはauの通信方式が、CDMA2000という他社と異なる方式を採用しているからです。

ドコモとソフトバンクはW-CDMA方式を採用していて、これは世界的に見ても一番普及している通信方式です。スマートフォンの端末のほとんどはW-CDMA方式に対応しているので、SIMフリー端末であれば利用する事ができます。しかしauのCDMA2000は、世界的に見ても少数派の通信方式で、スマートフォン端末によっては、通信方式が非対応になっています。

SIMフリー端末でも通信方式に対応していなければ、SIMカードを挿入してもドコモ回線やソフトバンク回線のSIMカードでは利用できません。

国内メーカーであれば、大手のauが採用している事もあり、ほとんどがW-CDMA方式とCDMA2000方式の両方に対応しています。海外メーカーの廉価晩であれば、CDMA2000に非対応の機種もありますので、au回線の格安SIMを利用する場合は対応端末か確認する事が必要です。

格安スマホはSIMフリー端末でないと利用できないの?

格安スマホはキャリアのSIMロックがかかっていても、キャリアと同じ電波を借り受けている格安スマホ(MVNO)であれば、そのまま利用できます。例えば、ドコモの端末であればSIMロックがかかっているままでも、ドコモ回線を借りて運営している格安スマホ(MVNO)のSIMであれば利用できます。

しかし、iPhoneや型落ち端末など、一部の機種では動作確認が行われていなく、実際にSIMカードを挿入して動かなくてもサポートしてもらえないケースもあります。SIMロック端末を利用したい場合は、事前にSIM会社で動作確認されている端末か公式ホームページやコールセンターなどで確認する事がオススメです

SIMロック端末はそのままの状態であれば、同じキャリアの電波を利用している格安スマホしか選択肢がありませんが、SIMフリー端末であれば、Y!mobile、au(端末がCDMA2000対応している事が条件)、docomoなど、全てのキャリアや格安SIMから、実際に利用するSIM会社やキャリアを選ぶ事ができます。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ