白ロムとは?

白ロムとは、携帯電話回線の契約情報(電話番号)を端末に直接書き込む方式の機種で、契約情報が記録されていないものを指します。

しかし、最近世間で言われている「白ロム」は違う使い方をされています。

スマートフォンはSIMカード方式が一般的

スマートフォンでは、契約者情報や利用している料金プランの情報、電話やネットで利用した通信履歴などを管理する事が必要です。

こういった情報管理の方法では、内蔵チップを利用する方法と、SIMカード(取り外し可能のICチップ)を利用する方法があります。現在流通しているスマートフォンのほとんどが、SIMカードを利用しています。

本来の「白ロム」の意味

本来の白ロムは、上述で紹介している携帯電話の各種情報を内蔵チップで管理している端末の事を指します。

ユーザーが携帯電話を利用すると、内蔵チップに契約者情報や利用履歴などが記録されています。その情報の中で、キャリアとの契約情報が入っている事で電話やネットを利用する事ができますが、解約すれば当然契約者情報がなくなり利用できなくなります。

解約したり新しい端末に機種変更して、利用できなくなった内蔵チップのスマートフォンを、中古として再販する為に内蔵チップの情報や、RAM(内蔵メモリ)の情報を全て初期化した物を「白ロム」と呼びます

このように、本来は携帯電話やスマートフォンを利用しているユーザーの各種情報が記載されているものを、全て初期化して真っ白な状態にする事から、俗称として「白ロム」という言葉が使われるようになりました。

現在の白ロムの定義とは

最近では、白ロムは本来の意味を超えて幅広く利用されています。
具体的には、最近主流になっているSIMカードタイプのスマートフォンでも、SIMカードを抜いて、RAM(内蔵メモリ)を初期化した状態のモノを「白ロム」と呼ばれるようになりました。

「白ロム」=「中古品のスマートフォン」

現在はこの認識で「白ロム」という言葉が広く使われています。

白ロムは安い

スマートフォンは最新端末が続々と発売されています。しかし、1世代〜2世代前の型落ちモデルと比べて劇的に性能が向上している訳ではありません。白ロム(中古)は当然新品に比べて価格は安いです。新品の予算で白ロムを選択肢に入れれば、よりハイスペックの端末を購入する事も可能です。
(参考:「格安スマホより白ロムの中古が安い?」)

白ロムの注意点

白ロムは中古ですので、新品端末を購入する事とは違い注意点があります。

一般的な家電の中古品の場合は、「保証内容」と「購入時に故障していないか?」さえ確認していれば問題ありません。
しかしスマートフォンの場合は、赤ロム端末を購入しないように注意しなければいけません
(参考記事:赤ロムとは?)

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ