格安スマホ・SIMの通信量・速度の基礎知識

格安スマホを比較する時には、データ容量や通信料、通信速度などのスペック情報が出てきます。
普段は聞きなれない単位がたくさん出てきますが、それぞれの基礎知識を身につけて、各社を比較検討しましょう。

通信量

格安スマホのプランには、データ通信○GBなどの容量制限があります。
まずはデータ容量の単位について紹介します。

データ容量の単位はバイト(B)を使用します。最小単位のBは小さすぎる容量で、スマートフォンで利用する単位ではほとんど登場しません。最低限KB・MB・GBの3点を把握しておきましょう。

・1000KB=1MB(メガバイト)
・1000MB=1GB(ギガバイト)
・1000GB=1TB(テラバイト)

最小単位のBは小さすぎる容量で、スマートフォンで利用する単位ではほとんど登場しません。最低限KB・MB・GBの3点を把握しておきましょう。通信量の単位が変わるのは1,000倍になる時です。

データ通信の消費量

データ通信の消費量は「テキスト文書」<「音声データの送受信」<「写真・静止画像」<「動画」の順番で大きくなります。なお、写真や動画は、画質等によって消費容量は変わってきます。 実際にデータ通信を利用した場合の消費容量と、データ容量1GBで利用できる通信量の目安を紹介します。

  • YAHOO!トップページ  WEBページを一回開く目安量:240KB  1GBでの可能回数:約5,000回閲覧
  • YouTube動画再生   通常の動画画質を3分閲覧した時の目安量:10MB  1GBでの可能視聴時間   約5時間(3分×100回)
  • LINEによる音声通話  1分あたりの消費量:約0.3MB   1GBでの可能通話時間 約340分(5時間40分)
  • 300文字のメール   1通あたりの消費量:5KB  1GBで利用できる送受信回数: 約20万通
  • Googleマップの地図表示 1ページ開くのに必要な消費量: 0.7MB  1GBあたりで利用できる閲覧関数: 約1,333回

通信速度

スマートフォンでは、プランや端末のスペック、利用するSIM会社に応じて通信速度が違ってきます。まずは、通信速度の目安を理解して、スペック情報だけではなく、実際の利用者のクチコミ情報や、速度調査の情報を確認しましょう。

通信速度の単位

通信速度を表す単位は「pbs」です。読み方は「ビーピーエス」です。スマートフォンなどのモバイル通信で使われるpbsの単位はMbps(メガピービーエス)とKbps(キロビーピーエス)があります。

1Mbps = 1000Kpbs になります。

通信速度は下りと上りで違う

最大通信速度の表記を見ると、下りと上りの表記があります。
下りとは、ネット情報を受信する事で、WEBページを開いたり、動画やファイルのダウンロード、メールや音声の受信に利用します。上りとは自分の端末から情報を送信する事で、画像や動画をSNSにアップロードしたり、メールや音声の送信に利用します。

簡単に表現すれば、下り=受信上り=送信です。スマートフォンを利用する時は、データを受信する事が多いので下りの速さがより重要です

カタログスペックの最大速度はアテにならない

格安スマホや大手キャリアの通信速度をカタログスペックで比較すると、下り最大150Mbpsなどと表記されています。しかし、実際に出る速度は大手キャリアの通信環境が万全な状態でも30Mpbs〜40Mpbs程度です。カタログスペックよりも、実際に出る速度が重要です。
(参考記事:「格安スマホ 速度の比較」)

どれくらいの速度があれば快適?

速いと感じる基準は個人差がありますが、大手キャリアのLTE通信の場合では20Mpbs以上出ています。10Mbps以上の速度が出ていれば動画も含めて、ストレスが少なくデータ通信を利用できます

実用性がある範囲で言えば、動画であれば2Mbps〜3Mpbs、WEBページであれば300Kbps〜500Kbps程度あれば、多少遅く感じる事はあっても、問題なくそれぞれの機能を果たしてくれます。

500Kbpsでも多少データのダウンロードする時間を持てれば動画を閲覧する事が可能です。300Kbps以下であれば、WEBページは多少時間をかければ閲覧可能ですが、動画の再生は実用性がほとんどありません。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ