Wifiと併用で格安スマホはさらにお得になる

格安スマホは、データ通信の容量を少なくする程、月額料金を安くできます。特に、3GB以下のデータ通信プランは安いのでオススメです。実際スマホ利用者の大半の人が、月3Gb以下のデータ通信で収まっているデータもあります。3GBあればある程度ゲームや動画閲覧なども利用できます。

しかし、常にスマホの高速通信の電波を利用して、動画閲覧など重たい通信を頻繁に行ってしまえば、データ容量は月3GBでは収まりません。月額料金を節約する為に、重たい動画の閲覧やゲームの利用を控える人もいますが、せっかくスマートフォンを持つのであれば、思う存分、データ通信を使って楽しみたいですね。

そこで、データ通信をアクティブに使っても、月額料金をお得にできる方法としてオススメしたいのが、Wi-Fiの活用です

Wi-Fiとは?

Wi-Fi
Wi-Fi(ワイファイ)とは無線LANの規格のひとつで、最大の特徴はスマホやタブレット、その他家電などにも接続可能な周波数です。通信速度は、下り最大で110Mpbs〜220Mpbsで、LTE通信とほぼ同等の速度を期待する事ができます。

Wi-Fiの電波をスマホで活用すれば、その間、スマホ(SIM)のデータ容量は一切消費しません。Wi-Fiを活用すれば、どこのキャリアやMVNOとも契約をしていない端末でも、データ通信を楽しむ事が可能になります。

オススメの活用方法はホームWi-Fi

格安スマホ活用術でオススメしたいのが、ホームWi-Fiの活用です。
自宅でインターネットを利用している場合は、Wi-Fiを利用できる可能性が高いです。自宅にネット回線はあるけど、Wi-Fiは利用できないという人は、無線ルータだけホームWi-Fi対応のものに変えれば、自宅で安定した速度のあるWi-Fi環境を作る事が可能です。

ホームWi-Fiは利用するのにパスワードが必要で、家族などパスワードを知っている人しか利用できません。その結果、自宅の安定したネット回線の電波を少人数で独占する事ができて、いつでも安定した通信速度を利用できます。

また、利用する端末さえWi-Fiに対応していれば、月額費無料で利用する事が可能です

店舗などのWi-Fiアクセスポイントを利用する

自宅にネット環境がない人や、外出先でスマホを利用する事が多い人は、アクセスポイントのWi-Fiを利用する方法があります。アクセスポイントは、店舗や駅などの施設が、利用者に対してのサービスの一環として、Wi-Fi環境を提供しているものです。

アクセスポイントには制限がある

アクセスポイントは、場所によって利用できる人が制限されている場合があります。
例えば、現在もっともアクセスポイントの拠点が多いと言われているソフトバンクのWi-Fiスポットは、ソフトバンクやY!mobile端末などの限られたキャリアの端末やSIMを利用していないとアクセスする事ができません。

格安スマホの場合は、300円程度の月額費を払う事で、アクセスできるWi-Fiスポットを増やせるオプションサービスが用意されている場合や、基本サービスとして、Wi-Fi環境が用意されている場合があります。

主要格安スマホ(SIM)の専用Wi-Fiアクセスポイントサービス

●OCNモバイルONE
全国約48,000のOCN モバイル ONEアクセスポイントを追加費用なしで無料利用可能

●Nifmo
BBモバイルをはじめ、提携有料Wi-FiアクセスポイントがNifmoご利用であれば無料利用可能
専用Nifmoコネクトアプリで、Wi-Fiの自動切り替え機能付き

●BIGLOBE LTE+3G
携有料Wi-FiアクセスポイントがNifmoご利用であれば無料利用可能
専用コネクトアプリで、Wi-Fiの自動切り替え機能付き

●Y!mobile
ソフトバンクの白い犬のお父さんシールでお馴染みのWi-Fiアクセスポイントを利用可能

完全無料のWi-Fiスポットは速度に不安

店舗や施設のWi-Fiスポットは、利用者のキャリアに関係なく、誰でも無料利用できるサービスもあります。しかし、利用者が多い場所の無料Wi-Fiスポットは、実際にアクセスをしても、ほとんど速度が出ない場合があります。

利用する事が多いWi-Fiスポットの実用的な速度を確認していないのであれば、Wi-Fiの活用を前提に、無理にデータ通信容量を少なくする設定はリスクが大きくなるので注意が必要です。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ