格安SIM・スマホの通信制限を比較

格安スマホを利用する場合に一番気をつけなければいけないのが通信制限です。
料金を安くする為にデータ容量が少ない安いプランにしてしまうと、通信制限が入り、実用性が少ない超低速通信になってしまう場合があります。

格安SIMの通信制限を比較する際のポイント

●データ容量
プランに表示されている、利用可能なデータ通信の容量です。
月○○GBなどで設定している事が多いですが、1日○○○MBなどと1日単位で通信制限を設定している格安スマホもあります。

●制限がかかった場合の速度
設定データ容量をオーバーし、速度制限がかかった時の通信速度は各社異なります。IIJmioやDMMのようにバースト機能(通信制限がかかっても一定時間高速通信を使える機能)が付いているものから、通常のWEBページを閲覧するだけでも数十秒の時間がかかってしまう物があります。

●追加チャージの可否と料金
データ容量を超過して通信速度に制限がかかった場合、追加でデータ容量をチャージできるプランとできないプランがあります。追加チャージ料金も各社異なります。

データ容量が多い格安スマホのプラン

データ容量自体が大きければ、速度制限がかかるリスクが緩和されます。
データ容量が多いプランでオススメ商品を紹介します。

会社 内容
DMM mobile 最大10GBのプランが用意されていて、音声通話付き2,950円で業界最安水準です
楽天モバイル 高速通信は付いてきませんが、200kpbsの通信速度でデータ容量の制限なし。通話機能付きで1,250円で利用できます。
OCNモバイルONE 高速通信は付いてきませんが、500kbpsの通信速度でデータ容量15GB。通話機能付きで1,800円です。500kpbsの速度があれば、動画閲覧なども若干時間はかかりますが可能になります。
UQ mobile 高速通信は付いてきませんが、500kpbsの通信速度でデータ容量の制限なし。通話機能付きで2,680円です。au回線を利用するSIMで人気が高いプランです。
U-mobile LTE使い放題プラン2を利用すれば月額2,730円でLTE使い放題で利用できます。業界を震撼させた破格の料金設定ですが、大手キャリアのLTEに比べて速度が落ちる傾向があります。
b-mobile 最大通信速度は非好評ですが、高速通信完全使い放題で一切速度制限がかかる事はありません。音声通話付き2,780円で利用できます。

 

速度制限を比較

実際に速度制限がかかってしまった時の速度の一例を紹介します。

会社 内容
楽天モバイル 200kpbsに制限されます。上述で紹介している高速通信なしプランと同等の水準。通常のWEBページ程度でしたら、実用性はあります。
U-mobile LTE使い放題プランが人気の格安スマホですが、通信速度の制限がかかった場合、128kpbsにまで落ちてしまいます。LTE使い放題プランでも直近3日間の通信量の合計が1GBを超えると、速度制限がかかる場合があります。
IIJmio/DMM.mobile 速度制限がかかった場合でも200kpbsです。更に、データ通信を行うときに、一時的に高速通信を利用できるバースト機能が付いてくるので、他社に比べて、速度制限がかかった場合でもWEBページの閲覧はスムーズにできます。

追加チャージを比較

データ容量をオーバーして、速度制限がかかってしまった時に、データ容量を追加チャージする場合の各社の対応例を紹介します。

なお、格安スマホ会社によって、データ容量の事を「クーポン」と呼んだり、一部呼び方が異なる場合があります。

会社 内容
DMM mobile 追加チャージ、100MB/200円。500MB/1,000円、1,000MB/2,000円です。時期によっては、追加チャージを4割〜5割割引するキャンペーンをしている場合もあります。
IIJmio 追加クーポン 100MB/200円。有効期限3ヶ月のクーポンカード500MB/1,500円、1,000MB/3,000円です。クーポンカードは非課税になっています。
OCNモバイルONE 0.5GB(500MB)/540円で容量追加オプションに申し込めます。追加した容量は3ヶ月待ちこし可能です。
mineo パケットチャージで100MB/150円で追加購入可能。チャージ分は翌月末まで利用できます。
freetel 現状追加チャージができません。ただし、各社が追加チャージサービスを行う事が一般的になった事で、公式ホームページより今後追加チャージに対応する予定があると名言しています。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ