格安SIMの速度制限容量の比較

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

格安スマホやSIMを選ぶ場合は、データ通信の容量が最も重要です。
速度制限がかるまでの容量ごとに、SIM会社を選ぶ事が重要になります。

データ容量1GBのSIM

データ容量1GBは動画やゲームを閲覧する事がほとんどなく、WEBページやメッセージの送受信が中心の人に適しています
1GBプランは用意しているSIM会社が限られており、主に以下のSIM会社がオススメです。

●DMM.MOBILE
データ通信のみ660円、音声通話付き1,260円〜でどちらも業界最安水準です。とにかく安くしたい人にオススメ。
>>DMM mobile公式ホームページ

●U-mobile
データ通信のみ790円、音声通話付きは1GBプランは用意されていません。音声通話が必要ない人のみ検討できます。LTE使い放題プランも用意されているので、今後アクティブな使い方へ変更する可能性がある人にオススメです。
>>U-MOBILE公式ホームページ

●Y!mobile(ワイモバイル)
音声通話付き2,980円が最安プランです。通話料金が1回10分、月300回まで無料になるのが最大の特徴。データ通信はしないけど、電話は頻繁にかける人にオススメです。
>>Y!mobileの公式ホームページ

●b-mobile
スマホデータSIMのみ1GBプランが用意されています。音声通話の基本料金が1,560円、高速データ通信1GBプランは追加料金不要で利用できます。

●freetel
データ通信のみ1GBプランで670円、音声通話付き1,270円でDMMモバイルに次いで最安水準で利用可能。一括9,800円など端末代も安く、端末も含めて安く最低限の機能が欲しい人にオススメです。

データ容量3GBのSIM

大手キャリアも含めて、データ通信は2GB〜3GBで利用する人が最も多い傾向があります。たまに動画やゲームをやる人でも、3GBあれば収まる可能性が高いです。自宅にWi-Fi環境がある人などにも人気が高いです。

従来格安SIMはデータ容量2GBが主流でしたが、2GBではギリギリオーバーしてしまう人が多く、最近では3GBクラスがスタンダートなプランに改訂しているSIM会社が相次いでいます。

多くの会社が3GBプランを用意していますが、その中でもオススメ度が高い所を紹介します。

●DMM.mobile
データSIMプラン850円、音声通話付き1,550円でどちらも最安水準。
下には2GB、上には5GBプランが用意されているので、状況に応じてプラン変更の選択肢が多いのも魅力です。
>>DMM mobile公式ホームページ

●OCNモバイルONE
データ容量は月3GBバイトではなく、1日110MBが制限対象基準になります。おおよそ月額で3GB前後になる計算です。
月初に使いすぎて、後半に制限がかかってしまう事を懸念している人などにオススメです。逆にデータ通信を使う日と使わない日の差が大きい人にはオススメできません。データ通信のみで900円、音声通話付き1,600円で他社の3GBプランと同等水準の料金設定です。
>>OCN モバイル ONEの公式ホームページ

●mineo
au系の格安SIM(MVNO)では最安料金です。2015年5月に従来の2GBプランから料金据え置きで3GBに増量されているので、お得感は強いです。データ通信のみで980円。この料金にはSMSも含まれています。音声通話付き1,590円でこちらも業界最安水準です。

●Y!mobile
1GBプランの所で紹介している通り、通話を頻繁にする人にオススメです。1GBプラン2,980円に比べて、3GBプランは3,980円でデータ容量増額で千円高くなるので、通信容量だけで見ると、割高感が高いです。
>>Y!mobileの公式ホームページ

データ通信5GBプラン

データ通信5GBプランであれば、頻繁にゲームをしたり、1日平均1時間程動画を閲覧しても対応できる通信容量になります。
5GBプランを用意しているSIM会社の一例を紹介します。

●DMM.mobile
データ通信のみ1,270円、音声通話付き1,970円で利用できます。
5GBプランを他社と比較した時には、他社よりも100円〜200円安くなるケースが多く、オススメ度がより高いです。DMMの中でも1GBあたりの料金は5GBプランが割安感が高い設定になっています。
>>DMM mobile公式ホームページ

●mineo
データ通信のみ1,580円、音声通話付き2,190円です。
DMMと比べると、割高に感じますが、これでも他のSIMと比べれば割安な水準。データ通信のみはSMSが標準装備されています。auの電波を使用したい人にオススメです。

データ通信7GB以上/使い放題プラン

データ通信容量は、SIM会社によっては5GBプランを上限にしているなど、対応がまちまちです。
使い放題プランも含めて、オススメ度が高いSIMメーカーを紹介します。

●DMM.mobile
データのみプランで7GBプラン2,040円、8GBプラン2,140円、10GBプラン2,250円。
3種類の7GB以上のプランがあり、カスタマイズ性が高いです。音声通話付きはそれぞれ+700円です。
>>DMM mobile公式ホームページ

●楽天モバイル
10GBプランが用意されています。データ通信専用2,260円、音声通話付き2,960円で業界最安水準。楽天スーパーポイントが付く事を考えれば、オススメ度は高いです。
>>楽天モバイルの公式ホームページはこちら

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ