格安SIMの一括比較まとめ表。

格安Simや格安スマホを扱う会社は年々増えてきていますが、どの会社が自分に適しているのかは迷うところです。
ここでは、格安simやスマホを取り扱う通信会社の一括比較まとめ表を紹介しています。

自分にあった通信会社を探してみましょう。

格安SIM会社の一括比較まとめ表

楽天モバイルUN-LIMIT OCNモバイルONE IIJmio UQ mobile
運営会社 楽天モバイル株式会社 NTTコミュニケーションズ 株式会社インターネットイニシアティブ UQコミュニケーションズ株式会社
音声+データプラン 2,980円 1,180円~ 1,600円~ 1,980円~
データ通信のみプラン × 880円~ 900円~ 980円~
スマホセットプラン
通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
通話かけ放題 かけ放題標準設定
(RakutenLink利用必須) 
10分かけ放題orトップ3かけ放題850円/かけ放題ダブル1,300円 1回3分600円
1回10分830円
無制限1,700円
10分700円
Wi-Fiルータ 端末販売のみ
テザリング
取り扱い端末 11機種 14機種 24機種以上 8機種
オススメ機種 Rakuten Mini iPhoneシリーズ Xperia Ace Xperia 8
キャリア(MVNO) 自社+au ドコモ ドコモ/au au
通信会社(MVNE) 自社 自社 自社 自社
店頭申込 楽天モバイルショップ

家電量販店
○家電量販店等 ○家電量販店等 ○家電量販店/UQスポット
ネット申込
ネット申込の納期 数日~1週間 1週間程度 最短3~4日 原則翌日発送
解約違約金の発生 なし 音声SIMのみ6ヶ月縛り
1,000円
音声SIMのみ12ヶ月縛り
1,000円
スマホプラン:なし
おしゃべり・ぴったりプラン:2年更新縛り9,500円
データ高速・無制限+音声通話プラン:1年縛り9,500円
通信速度 非公開   非公開 下り最大1,288Mbps
上り最大131.3Mbps
(ドコモ回線の場合)
下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 楽天回線使い放題
+パートナー(au)回線5GB
1GB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GB 3GB/6GB/12GB 4GB/12GB/17GB
データ容量繰越 ×
オススメポイント 第4のキャリア ドコモ回線通信速度No1 光セットでずっと600円割引 家族割で2台目以降500円割引
Nifmo (ニフモ) Y!mobile  BIGLOBE モバイル U-mobile
運営会社 Nifty株式会社 ソフトバンク株式会社 ビッグローブ株式会社 株式会社 U-NEXT
音声+データプラン 1,600円~ 2,680円~ 1,400円~ 1,480円~
データ通信のみプラン 900円~ × 900円~ 680円~
スマホセットプラン ×
通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
通話かけ放題 1回10分830円 1回10分無料基本付帯 1回3分600円
1回10分830円
×
Wi-Fiルータ ×
テザリング
取り扱い端末 9機種 20機種以上 14機種
オススメ機種 nova 5T Android One S7 moto g8 plus
キャリア(MVNO) ドコモ ソフトバンク/ワイモバイル ドコモ/au ドコモ/ソフトバンク
通信会社(MVNE) NTTコミュニケーションズ(OCN) 自社 自社 自社
店頭申込 ○ノジマ ○ワイモバイルショップ ○家電量販店/スマホ修理店等 U-NEXTショップ
ネット申込
ネット申込の納期 最短2日 最短翌日発送 2~3日 注文の翌営業日発送
解約違約金の発生 なし なし 音声SIMのみ12ヶ月縛り
1,000円
通信速度 下り最大998Mbps
上り最大75Mbps
下り最大75Mbps
上り最大25Mbps
下り最大1,288Mbps
上り最大131.3Mbps
(ドコモ回線の場合)
非公開
データ容量 3GB/7GB/13GB 3GB/9GB/14GB 1GB/3GB/6GB/12GB/20GB/30GB 定量・変動型・大容量
データ容量繰越 × ×
オススメポイント ニフティの光回線利用で特典多数 各種割引で1,480~ 月額480円でYouTubeなどが見放題になるエンタメフリー 2020年1月新規受付終了
mineo イオンモバイル b-mobile LINEモバイル
運営会社 株式会社オプテージ イオンリテール株式会社 日本通信株式会社 LINEモバイル株式会社
音声+データプラン 1,310円~ 980円~ 990円~ 1,100円~
データ通信のみプラン 700円~ 480円~ 190円~ 600円~
スマホセットプラン ×
通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
通話かけ放題 1回10分850円 1回10分850円
050無制限通話:1,500円
1回5分500円 1回10分880円
Wi-Fiルータ ×
テザリング
取り扱い端末 21機種 30機種以上 15機種
オススメ機種 iPhoneXR AQUOS sense2 やさしいスマホ SH-M08P5S ZenFone Live(L1)
キャリア(MVNO) au/ドコモ/ソフトバンク ドコモ/au au/ドコモ/ソフトバンク au/ドコモ/ソフトバンク
通信会社(MVNE) 自社 BIGLOBE/.IIJmio 自社 NTTコミュニケーションズ(ドコモ)
au・ソフトバンクは非公開
店頭申込 ○mineoショップ/スマホ修理店等 ○イオン 家電量販店 ○イオン 家電量販店 ○携帯販売店 家電量販店
ネット申込
ネット申込の納期 3日から1週間
ネット申込→取次店受取で最短即日
3~5営業日 3~5営業日 最短当日発送
解約違約金の発生 なし なし なし 有料のデータフリーオプション利用時のみ12ヶ月縛り
1,000円
通信速度 回線キャリアと同等程度 下り最大1,288Mbps
上り最大200Mbps
(ドコモ回線の場合)
非公開 非公開
データ容量 500MB/3GB/6GB/10GB/20GB/30GB 200MB~50GB
(12段階)
1~20GB(1GB単位)、 500MB/3GB/6GB/12GB
データ容量繰越
オススメポイント 業界最安水準、大手3キャリア対応 業界最安水準、手厚いサポート 格安スマホのパイオニア、ユニークなプランを多数用意 LINEやSNSが使い放題になるデータフリーオプションが人気

格安SIM会社どこの会社を選ぶ?管理人のオススメ3社

OCNモバイルONE~実質速度の満足度が業界トップクラス~

格安SIMを利用するにあたって気になるのが実質通信速度ではないでしょうか?
大手キャリアに比べて格安SIMは混雑時間帯の通信速度が遅くなりますが、OCNモバイルONEは格安SIMの中で実質速度が速いと評判です。
大手メディアの速度測定検証や口コミでも軒並み高評価を得ていますよ!

音声SIM+高速通信3GB程度の料金は、どこを利用しても同じような価格です。
OCNモバイルONEは快適な高速通信を楽しみたい方や、人口密度の高い地域で利用する機会の多い人から選ばれています。

また、OCNモバイルONEは最新モデルを含めたiPhoneとのスマホセットを多数用意しています。
メーカー認定整備済みの中古を用意しているので、お得にiPhoneの格安スマホを利用できますよ!

楽天モバイル 〜楽天ポイントもついて、スマホ機種も豊富〜

楽天電話を運営している楽天系列の会社が運営しています。楽天グループの強みを最大限活かして、楽天市場などで使える楽天スーパーポイントの付与や、楽天電話アプリの標準化など便利な機能がたくさんあります。
2014年10月に参入した格安スマホですが、続々と機種の追加や、分割購入への対応など、サービス開始直後よりも、充実してきています。
高速データー通信は平日の夜や土日など、混雑する時間帯でも安定していると評判が高いです。

Y!mobile 〜通話をたくさんする人におすすめ!〜

元々はイーアクセスがウィルコムを吸収合併して、株式会社ワイモバイルとした会社でPHSがメインでした。
現在は格安スマホを中心に、通常の携帯電話や、Wi-Fiルータの販売を行っています。電話し放題プランや端末代金0円など、大手通信キャリアと同等のサービスを格安価格で利用できます。
ソフトバンクのWi-Fiスポットを利用できる点で学生などに人気が高く、アクティブに電話をかけても10分以内の無料通話が基本付帯なので、仕事用のスマホとしても人気が高いです。
以前は2年縛りで高額な解約違約金がネックでしたが、現在は縛り期間と解約違約金が撤廃されました。元々PHS大手なので、格安スマホの中でもPHSに近いサービスとなっています。

格安SIM会社どこの会社を選ぶ?その他のおすすめ

楽天モバイルUN-LIMIT~第4の携帯キャリア~

楽欄モバイルは2020年4月より第4の携帯キャリア「楽天モバイルUN-LIMIT」として生まれ変わりました。
自社回線なら高速通信無制限で+電話かけ放題がついて2,980円の料金が魅力です。
現在は自社回線エリアが少ないですが、今後の通信網拡大に期待です。
オープニングキャンペーンを利用すれば、お得に利用できますよ!

b-mobile~多彩なプランを用意&通信速度が改善

格安SIMのパイオニアでありながらマイナーな存在になってしまったb-mobile。
しかし、昨今は評価が上昇を遂げています。他社にはないユニークなプランを多数揃えていることと、実質通信速度が大幅に向上したことが人気の要因です。
大手キャリア3回線に対応しているので、利用している端末や希望する電波の状況に合ったプラン選定ができます。

UQ mobile 〜au回線を使いたい方おすすめ〜

au回線を利用する格安スマホとして、注目度が高まっています。最大の特徴は3G回線ですが通信容量無制限で1,980円~とリーズナブルな料金形態となっています。
高速通信無制限ではないので、注意が必要。あまりデータ通信を使わない人や、そもそも家にLTEが入らないといった人に人気が高いです。
このほか、高速データ通信付きプランもお得な家族割りや電話かけ放題プランを投入して強化されています。
家族割りで2回線目以降は500円割引になるので、家族でまとめて切り替える方が多いです。

Nifmo(ニフモ)〜Nifty利用者おすすめ〜

ブロードバンド大手のNiftyの格安スマホ。自宅のネット回線でNiftyを利用している人は200円割引。ネットショッピングの割引サービスなど、人によってはOCNを利用するよりもメリットがあるようです。

Nifty利用者であれば、強くオススメできる格安スマホで、少なからず大手のMVNEを利用している事は確かで通信の安定性は高いです。

BIGLOBE モバイル~480円のエンタメフリーオプションが人気

BIGLOBE モバイルならYouTube、AbemaTV、ラジコなど21種類の人気コンテンツを通信容量ノーカウント(使い放題)になるエンタメーフリーオプションが人気です。
高速通信は動画や音楽配信サービス中心の方から選ばれています。

気になる通信速度ですが、最初の読み込みまで若干時間がかかりますが、一度再生されれば実用性のある通信速度を確保できると評判です。
他社の大容量プランをビッグローブのエンタメフリーオプションに切り替えれば、大幅に通信費を節約できますよ!

イオンモバイル~充実したサポート体制と豊富な機種~

イオンモバイルは店頭・電話による充実したサポートが好評で、ガラケーからスマホへ切り替える方が多いです。
取り扱っている端末が豊富で、ガラホの取り扱いもありますよ!
豊富な通信容量プランを用意していますが、データ通信より通話をメインに使っている方から選ばれています。

mineo~低価格&即日受取が好評~

mineoは業界屈指の安さに加えて、スマホ修理店などの取次店を利用すれば、ネット申込から店頭で即日SIM発行に対応できます。
現在は大手3キャリアの通信に対応していますが、当初から扱っているau回線のAプランがもっとも安いです。
auのスマホを使っていて、縛り期間が終わるタイミングで格安SIMへ切り替えする方におすすめです。

また、mineoでは専用アプリを使って高速通信のON・OFFを切り替えられるので、利用状況を見ながら高速通信の利用を抑えることができます。
少ない通信容量で必要な時だけ確実に高速通信を使いたい方におすすめです。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントしてipadでも使っている「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。
また、私自身もipadの通信用で使っています。



このページの先頭へ