格安SIMの一括比較まとめ表。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

格安Simや格安スマホを扱う会社は年々増えてきていますが、どの会社が自分に適しているのかは迷うところです。
ここでは、格安simやスマホを取り扱う通信会社の一括比較まとめ表を紹介しています。

自分にあった通信会社を探してみましょう。

格安SIM会社の一括比較まとめ表

  DMM.mobile 楽天モバイル OCNモバイルONE IIJmio UQ mobile Nifmo (ニフモ)
運営会社 DMM.COM フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 NTTコミュニケーションズ 株式会社インターネットイニシアティブ KDDIバリューイネイブラー株式会社 Nifty株式会社
音声+データプラン  ○1,260円~ ○1,250円~ ○1,728円~ ○1,600円~ ○1,680円~ ○1,600円~
データ通信のみプラン ○660円~ ○525円~ ○972円~ ○900円~ ○980円~ ○900円~
スマホセットプラン
通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
Wi-Fiルータ
LTE通信 ○ 
テザリング 
取り扱い端末 6機種 8機種 3機種 2機種 2機種 3機種
オススメ端末 Zenfone5 ZenFone 2 ZE551ML LG G2mini LG G2mini LG G3 Beat ASUS ZenFone™ 2
電話番号の付帯
キャリア(MVNO) ドコモ ドコモ ドコモ ドコモ au ドコモ
通信会社(MVNE) IIJmio vdn 自社 自社 自社 非公表(OCNが有力)
店頭申込 △楽天カフェ・イーグルスショップのみ ○家電量販店等 ○ビッグカメラ ○家電量販店
ネット申込
ネット申込の納期 5営業日前後 1週間前後 数日~1週間 1週間~10日前後 1週間前後 最短3日
解約違約金の発生 通話SIMのみ1年縛り
9,000円 
通話SIMのみ1年縛り
9,800円
音声SIMのみ6ヶ月縛り
8,000円
音声SIMのみ1年縛り
12ヶ月から利用月数を引いた数×1,000円
音声通話SIM原則1年縛り
9,500円
音声SIMのみ6ヶ月縛り
8,000円 
通信速度 下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 高速通信 1GB/2GB/3GB/5GB/7GB/8GB/10GB 高速通信なし /高速通信3GB~10GB 1日110MB/170MB 月額3GB/5GB 3G15GB 3GB/5GB/10GB 高速通信2GBもしくは、3G通信無制限 高速通信3GB/5GB/10GB
データ容量繰越
  Y!mobile 音声付きSIM BIGLOBE LTE・3G U-mobile mineo(au系) イオンモバイル b-mobile
運営会社 ソフトバンクモバイル株式会社 ビッグローブ株式会社 株式会社 U-NEXT 株式会社ケイ・オプティコム イオンリテール株式会社 日本通信株式会社
音声+データプラン  ○2,980円~ ○1,800円~ ○ 1,580円~ ○1,460円 SIM単品なし ○1,290円
データ通信のみプラン ○900円~ ○ 790円~ ○850円 ○900円~
スマホセットプラン
通話料 1回10分、月300回まで無料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
Wi-Fiルータ ○  ○ 
LTE通信
テザリング   
取り扱い端末 14機種 1機種 4機種 4機種 6機種 1機種
オススメ端末 AQUOS PHONE ef LG G2mini Ascend Mate7 LUCE Xperia J1 Compact VAIO PHONE
電話番号の付帯
キャリア(MVNO) ソフトバンク/ワイモバイル ドコモ ドコモ au ドコモ ドコモ
通信会社(MVNE) 自社 自社 自社 KDDIバリューイネイブラー BIGLOBE/.IIJmio 自社
店頭申込 ○ワイモバイルショップ ○イオン ○家電量販店 ○イオン ○イオン 家電量販店
ネット申込
ネット申込の納期 翌日~1週間 3日~1週間前後 注文の翌営業日発送 1週間前後 3日~5日 3~5営業日
解約違約金の発生 2年縛り
9,500円
音声SIMのみ6ヶ月縛り 解約手数料8,000円 音声プラン12ヶ月縛り 解約手数料6ヶ月まで.9,500円、7ヶ月~12ヶ月3,500円 利用開始の翌月から12ヶ月間。
9,500円
なし 
端末の分割購入の場合は一括精算が必要な場合も
音声SIMのみ5ヶ月縛り 
8,000円
通信速度 下り最大112.5Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
データ容量 高速通信 1GB/3GB/7GB 高速通信3GB/6GB/10GB 高速通信3GB/5GB/使い放題 2段階料金(1GB以内・1GB超え3GBまで) 高速通信1GB/2GB/4GB 高速通信1GB/6GB/12GB 高速通信1GB~無制限
データ容量繰越 △(一部商品のみ)

格安SIM会社どこの会社を選ぶ?管理人のオススメ3社

DMM.mobile 〜価格の安さとプランの豊富さがトップクラス〜

管理人より
業界最安値水準、データ容量の豊富なラインナップなどが強みとなっています。

高速通信は安定していて、速度制限時でも、一時的に高速通信を可能にするバースト機能があるので、通常のWEBページ閲覧やメール、メッセージアプリの利用は比較的ストレスなく利用できます。

データ通信は1GBあたりの料金が7GBよりも5GBの方が割安になっていて、人気はプランは5GB、3GB、2GB、10GBといった順番になっています。

余ったデータ容量の繰越や家族での共有もあるので、家族でまとめて格安スマホに乗り換える人に人気です。

楽天モバイル 〜楽天ポイントもついて、スマホ機種も豊富〜

管理人より
楽天電話を運営している楽天系列の会社が運営しています。楽天グループの強みを最大限活かして、楽天市場などで使える楽天スーパーポイントの付与や、楽天電話アプリの標準化など便利な機能がたくさんあります。

2014年10月に参入した格安スマホですが、続々と機種の追加や、分割購入への対応など、サービス開始直後よりも、充実してきています。
高速データー通信は平日の夜や土日など、混雑する時間帯でも安定していると評判が高いです。

Y!mobile 〜通話をたくさんする人におすすめ!〜

管理人より
元々はイーアクセスがウィルコムを吸収合併して、株式会社ワイモバイルとした会社でPHSがメインでした。
現在は格安スマホを中心に、通常の携帯電話や、Wi-Fiルータの販売を行っています。電話し放題プランや端末代金0円など、大手通信キャリアと同等のサービスを格安価格で利用できます。
ソフトバンクのWi-Fiスポットを利用できる点で学生などに人気が高く、アクティブに電話をかけても10分以内の通話を月300回まで利用可能なので、仕事用のスマホとしても人気が高いです。
2年以上使用しても更新月以外や約1万円の違約金が発生してしまうのが、最大のネック。元々PHS大手なので、格安スマホの中でもPHSに近いサービスとなっています。

格安SIM会社どこの会社を選ぶ?その他のおすすめ

OCNモバイルONE 〜音声simの縛り期間が短い〜

管理人より
NTTコムが運営する大手格安スマホ。格安SIMのみ利用者の割合が多い傾向があります。
音声SIMの縛りが6ヶ月なので、格安スマホの利用に不安がある人にもオススメ。
LTE通信は3GBと5GBバイトプランのみですが、利用しやすい料金形態になっている人気の格安SIMです。

IIJmio 〜最低料金が最安水準に〜

管理人より
2015年4月より料金プランが改訂となり、月額3GBプランが900円~と業界最安水準になりました。
NTTドコモのスマホも利用できるので、今後ドコモのiPhoneの分割払いが終わってから乗り換えたいという声が多く届いています。MVNEとしても人気が高く、LTE通信の安定性は評判が高いです。
全国のビッグカメラで購入できる手軽さも売り。利用者の大半が、別で端末を用意してSIM契約のみで利用しています。

freetel 〜スマホ端末の安さトップクラス〜

管理人より
元々は端末製造会社で、シンプルな機能で法人向けに参入してきた格安スマホ。しかし、シンプルで業界最安水準の料金設定や、一括で1~2万円の自社端末の評判が良く、個人の利用者も非常に多いのが特徴。

データ繰越などはないが、その分プラン全体がシンプルで安くて分かりやすいと評判です。MNP転出以外は解約手数料や、縛り期間がないので、既存の大手キャリアのスマホを残してサブ端末で格安スマホを持ちたい人などに人気が高いです。

UQ mobile 〜au回線を使いたい方おすすめ〜

管理人より
au,回線を利用する格安スマホとして、注目度が高まっています。最大の特徴は3G回線ですが通信容量無制限で1,980円~とリーズナブルな料金形態となっています。
高速通信無制限ではないので、注意が必要。あまりデータ通信を使わない人や、そもそも家にLTEが入らないといった人に人気が高いです。

Nifmo(ニフモ)〜Nifty利用者おすすめ〜

管理人より
ブロードバンド大手のNiftyの格安スマホ。自宅のネット回線でNiftyを利用している人は200円割引。ネットショッピングの割引サービスなど、人によってはOCNを利用するよりもメリットがあるようです。

Nifty利用者であれば、強くオススメできる格安スマホで、少なからず大手のMVNEを利用している事は確かで通信の安定性は高いです。

BIGLOBE LTE・3G

管理人より
格安スマホ人気の火付け役イオンモバイルにSIM提供をしている事でも有名です。
2015年4月より、大幅にサービス内容を見直しし、データ容量は従来の2GB/5GBプランをそれぞれ3GB/6GBプランに増加。データ容量の繰越サービスを開始するなど、他社の良いサービスを取り入れてパワーアップしています。

イオンモバイルが大成功した事で、ドコモ回線を受け入れられる容量なども増加して、安定性が非常に高い格安スマホになりました。ほとんどの人がSIMフリー端末を別途購入してSIMのみで利用しています。
スマホセット、音声SIM、通信SIMでWEBページが分かれているので、サービスラインナップが少ないと勘違いする人も多いです。

U-mobile

管理人より
高速通信使い放題プランが人気の格安スマホ。サービス開始直後は、実用的な通信速度が遅いと評判はあまりよくなかったですが、最近では、安定性が増してきています。

2015年4月より料金改訂で、ネットし放題プラン2を用意。解約の違約金を高くする変わりに料金を下げています。

データ無制限にばかり注目がいきますが、端末代も含めて音声通話とLTE通信3GBついて月額2,000円を切る料金が業界最安水準。LTEが利用できて、とにかく安い格安スマホを探している人にもオススメできます。

mineo

管理人より
データ容量が最大4GBなので、アクティブユーザーからは敬遠されています。

1GBプランのエントリー料金で他社と比べても割高ですが、音声通話+データ通信4GBプランで2,190円になっていて、このスペックでは業界最安水準。適度に音声通話と高速データ通信を利用したいという方にオススメの料金形態です。

オプションの取り扱いが幅広く、、セキュリティや迷惑メール/電話対策に力を入れたい人や、仕事で使う人にオススメの格安スマホです。

b-mobile

管理人より
格安SIMとしてMVNOにいち早く参入した老舗企業。多彩な商品ラインナップや、現在の格安スマホブームが始まる前から、一歩コアな客層から注目を集めていたブランドです。

昔から、俗に言うオタク層が多く、現在でも多彩な商品ラインナップで、とにかく自分仕様にカスタマイズしたい人にオススメです。最近では高速データ通信無制限プランが2,780円で登場するなど、幅広い客層に人気の定番格安SIMです。

格安SIM・スマホで迷ったら

格安SIM・スマホの会社はたくさんあるので、どこで加入するか迷いますね。私が使った中でおすすめできるのは、次の会社です。

どちらも安さ、サービスの豊富さでリードしており、大きな会社であることから安心して利用することができます。普通のスマホと同じように快適に使えましたよ!

●両親にプレゼントした「mineo」
mineoのデータsim(月1000円程度)とipadを遠方に住む両親にプレゼントしました。
Lineで子供(孫)の写真を送ったり、TV電話したり楽しんで使ってもらってます。
月1,000円程度で十分に使えています。


●「楽天」のデータSIMはテザリング用に使う
楽天のデータSIMは自分で、pocket Wifiのように使っています。
楽天のデータSIMを余っていたスマホに入れて、通勤中にipadにテザリング。
こちらも月に1000円程度で十分に使えています。
楽天サービスを良く使う人にお勧めできます。

このページの先頭へ